フリーランスの基礎知識

フリーランス(個人事業主)が受けられる福利厚生サービス5選

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。
  • おすすめの福利厚生サービスを知りたい
  • フリーランスでも福利厚生を受けられるのか知りたい
  • フリーランスに福利厚生が必要なのか知りたい

こんな悩みに答えます。

会社員からフリーランスに切り替わり、「福利厚生について不安に感じている」という方は多いのではないでしょうか?

本記事では、「フリーランス(個人事業主)が受けれる福利厚生サービス」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、フリーランスとして安心して生活できる知識をまた1つ増やすことができますよ。

福利厚生とは

まずは福利厚生について理解していきましょう。

福利厚生とは、事業者が労働者に対して給料や賃金ではない形で報酬を与えるものです。

労働者のやる気を上げるポイントになったり、事業者の社会的信頼を上げるポイントになったりするためメリットは非常に大きいでしょう。

福利厚生の種類

福利厚生には、大きく2種類あります。

1種類目は、法定福利です。法定福利とは、保険料を事業主負担するもので、事業者負担が義務付けられています。

健康保険や厚生年金保険なども、法定福利に入っています。

2種類目は、法定外福利です。法定外福利は、事業者が社員のために任意で実施するものになります。

ジムの利用やカフェのサービス券など会社から支給されている場合は、法定外福利です。

フリーランスと福利厚生の関係

フリーランスに福利厚生はありません。

事業者が提供しているため、会社に属していなければ受けることは不可能です。

ただメリットも多いので、フリーランスの方でも福利厚生を受けたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

そこでおすすめするのが、福利厚生サービスに入会することです。福利厚生サービスは自分で選ぶことができるので、自分が必要だと感じるものにだけ入会できます。

使わない福利厚生を提供している企業も多いですが、フリーランスにそのような心配はありません。

福利厚生を受けたいフリーランスは、福利厚生サービスに入会しましょう。

フリーランスは福利厚生費を経費にできるのか

フリーランスが福利厚生費を経費として計上するのは難しいと考えて下さい。

福利厚生の定義は、事業者が従業員に対して提供するサービスです。

個人で活躍されているフリーランスには従業員がいないので、経費にすることはできません。

そのため、娯楽施設を利用して経費で落としているフリーランスは、必ず税務署から修正申告をするよう求められます。

どうしても経費で落としたいのであれば、福利厚生費ではなく接待交際費などで計上するべきです。

接待交際費にしたから絶対に経費にできるわけではありません。ですが、福利厚生費で計上するよりは可能性が広がります。

フリーランスが福利厚生を受けるメリット

それでは、フリーランスが福利厚生を受けるメリットを解説していきます。

主に2つあると考えているので、是非ご覧下さい。

様々なサービスの特典が受けられる

福利厚生では、様々なサービスを受けることができます。

娯楽施設の利用から健康維持のための健康診断や人間ドックなど、多くの人が利用するものを割引で使うことが可能です。

福利厚生を受けるサービスによって特典は大きく変わるので、自分に合うものを選んでください。

健康的な生活を送ることができる

フリーランスの人は、健康も自分で管理する必要があります。

会社員であれば一年ごとに健康診断などを無料で受けることができますが、フリーランスにはそのような福利厚生がありません。

費用もかかるので、健康診断や人間ドックを受けることを忘れがちになります。

福利厚生サービスに入っておけば健康診断や人間ドックを格安で受けることが可能になるので、健康管理に気を配って生活することができます。

健康診断や人間ドックの費用が安くなれば定期的に受けることへの抵抗は無くなるので、健康的な生活を送ることができるようになるでしょう。

健康診断や人間ドックのサービスがない福利厚生サービスもあるので、入会する前に確認しておきましょう。

フリーランスに福利厚生は必要なのか?

フリーランスに福利厚生は、絶対に必要なものではありません。

会社員の人でも福利厚生を受けるより、給料を上げて欲しいと考えているケースが多いようです。

しかしながら、フリーランスの最大のメリットは、福利厚生サービスを自分で選べる点になります。

旅行などに定期的に行くのであれば、ホテルや新幹線などが充実しているサービスを自分で選ぶことが可能です。

会社員の方は、企業が決めた福利厚生しか出ないので不満があるのは仕方ありません。

フリーランスの方も絶対に福利厚生が必要とは思いませんが、自分に合うと思う福利厚生サービスがあれば入会することをおすすめします。

フリーランスにおすすめする福利厚生サービス5選

次にフリーランスにおすすめできる福利厚生サービスを5つ紹介していきます。

フリーランストータルサポート

フリーランストータルサポート

フリーランストーラルサポートは、大手クラウドソーシングサイトである「ランサーズ」が運営している福利厚生サービスです。

基本的にはフリーランスのための福利厚生サービスで、下記3つの特典を受けることができます。

  • Freelance Basics
  • フリーランスレンディング
  • Lancers クラブオフ

Freelance Basicsは、フリーランスの方が会計や法律で迷われた際に受けることができるサポートです。

フリーランスになりたての方は、経理周りや法律について理解ができていない場合が多いですよね

その状態だと非常に危険で、経理周りは税金で大きなトラブルになり、法律は裁判沙汰になるケースもあります。

フリーランスレンディングは、融資を受けられるサービスになります。最短で翌日には借りることができるので、今すぐ資金が欲しい方は利用する価値があるでしょう。

Lancersクラブオフは娯楽施設から美容まで幅広いサービスを受けることができる福利厚生サービスです。

フリーランスライフサポート

フリーランスライフサポート

フリーランストーラルサポートは、大手クラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」が運営している福利厚生サービスです。

フリーランスライフサポートでは、大きく3つのサービスを提供しているので順に説明していきます。

  • お仕事サポート
  • スキルアップ支援
  • 福利厚生・ライフサポート

お仕事サポートでは、フリーランスの方が気になる確定申告や法律相談など、仕事をしていく上で必要なことをサポートしてくれます。

スキルアップ支援では、セミナーやレッスンを無料か割引で受講することが可能です。

福利厚生・ライフサポートでは、娯楽施設やショッピングのサービスを全国で23万を超える施設から受けることができます。

ベネフィット・ステーション

ベネフィット・ステーション

ベネフィットステーションは、誰でも会員になることができる福利厚生サービスです。

ほとんどの福利厚生サービスは個人に対して提供していますが、ベネフィットステーションは契約者の家族も利用することができます。

また特定のサービスを利用することで、「ベネポ」という独自のポイントを貯めることが可能です。

1ポイント=1円で換算することができるので、サービスを受けながら独自のポイントを貯めることができます。

フリーナンス(FREENANCE)

フリーナンス(FREENANCE)

フリーナンスは、フリーランスを支えるお金と保険のサービスです。

他のサービスのように娯楽に対しての福利厚生はありませんが、保険やお金の部分で融通が効き、大きく3つサービスがあります。

  • あんしん補償
  • 即日払い
  • あんしん補償プラス

あんしん補償とは、仕事中の事故に対して最大5000万円が補償されるサービスです。

会社員の方であれば会社の保険で守ることができますが、フリーランスは誰も守ってくれません。フリーナンスに入会すれば補償を受けることができます。

納期遅延や著作権のトラブルはフリーランスによくあるので、不安であれば入会しておくべきでしょう。

即日払いとは、請求書を買い取って即日現金化するサービスです。

今すぐ現金が必要なので取引先から振り込みがないケースが起きた場合に、フリーアンスが請求書を購入して即日に振り込みを行ってくれます。

手数料を払う必要はありますが、即日に振り込まれるのはありがたいですね。

あんしん補償プラスとは、怪我や病気で働けなくなったときに所得補償を受けられるサービスです。

仕事中の怪我でなくても保険金は支払われるので、自分の身に何か起きても安心できますね。

プロフェッショナルパラレルキャリア

プロフェッショナルパラレルキャリア

プロフェッショナルパラレルキャリアは、フリーランス協会が提供している福利厚生サービスです。

年会費1万円で3つのサービスを受けることができるので、順に解説していきます。

  • 賠償責任補償
  • WELBOX
  • 収入・ケガ・介護の保険

賠償責任補償では、著作権侵害や納期遅延などのフリーランスにありがちな賠償リスクを補償してくれます。

WEBBOXは福利厚生サービスで、全国3000施設のサービスを受けることが可能です。第二親等まで利用することもできるので、家族もお得ですね。

収入・ケガ・介護の保険は、怪我や病気になったときに収入を補償することができます。これで、万が一働けなくなった時も安心です。

まとめ

この記事では、フリーランスの福利厚生について纏めました。

絶対に福利厚生を受ける必要はありませんが、人によっては受けた方が特になる場合もあるでしょう。

おすすめの5つの福利厚生サービスを紹介しましたが、あなたに合うものを選んで頂ければ大丈夫です。どれも素晴らしいサービスなので、ぜひ検討してみて下さいね。

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
最後になりますが、私が運営している横浜のフリーランス向けシェアハウス「リバ邸セカイ」では、フリーランスのサポートを行っております。

「環境を変えたい」「スキルを身につけたい」と感じている人は是非リバ邸セカイの公式LINEにて気軽にご相談下さい。