フリーランス

時間・場所が自由なノマドワーカーとは?メリットや持ち物も紹介

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。 このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

最近ではカフェやコワーキングスペースで時間・場所に関係なく仕事するノマドワーカーが多いです。ノマドワーカーを見るとパソコン片手で仕事する様がカッコ良く見えますよね。

同時にノマドワーカーの生き方や仕事に憧れて、本気で目指す人もいるでしょう。今回はノマドワーカーについてメリットや持ち物も一緒にご紹介します。

今回の記事は、以下のような人におすすめです。

  • 時間や場所、人間関係に縛られずに働きたい人
  • 起業を目指している人
  • 満員電車に嫌気が差している人

ノマドワーカーとは

街中のカフェなどでパソコンを広げて作業するノマドワーカーが気になる人もいるでしょう。確かに休日にお茶していると見かけますよね。

ノマドワーカーとは、決まった仕事場を持たずに様々な場所で作業する人々です。そして語源もユニークで、フリーランスとも異なります。

フランス語や英語の「遊牧民」が語源

ノマドワーカーの語源は、フランス語や英語で「遊牧民」を意味する「nomade」や「nomad」です。

彼らにはオフィスなど一定の仕事場ではなく、カフェなどを転々としながら作業する特徴があります。

場所を変える特徴が、季節に応じて放牧地を移動する遊牧民をイメージさせるため「ノマドワーカー」と呼ばれるようになりました。

フリーランスとの違い

様々な場所で仕事するノマドワーカーはフリーランスと同じように見えます。しかし両者にははっきりした違いがある点は理解するべきです。

ノマドワーカーにはフリーランス以外にも、外で仕事をする会社員も含まれます。つまり働き方に関係なく、カフェなどで作業する人々です。

一方フリーランスは会社や役所と雇用関係を結ばずに働く人々を指します。中には日常的に自宅で作業する人もいるため、両者は同じではありません。

今をときめくWeb系フリーランスの仕事・職種を10個紹介 フリーランスの仕事の種類は? フリーランスの仕事の取り方は? フリーランスってどうやってなれるの? ...

ノマドワーカーのメリット4つ

特に働く場所が決まっていないノマドワーカーには様々なメリットがあります。

主なものが、時間や場所に縛られず仕事できる点や人間関係のストレスから解放される点などです。

時間や場所に縛られずに仕事できる

最初のメリットに、時間や場所に縛られずに仕事できる点があります。

場所についてはお気に入りのカフェやコワーキングスペースなど、自分の好きなところを選べるのがポイントです。特に自分が集中できる場所を選べば作業も捗るでしょう。

時間についてもカフェなどで活動するため、自分のペースで仕事できます。モチベーションに合わせて仕事しやすいため、体や心の状態に合わせて働くことも可能です。

人間関係のストレスから解放される

人間関係のストレスから解放される点でもメリットがあります。会社のオフィスなどでは苦手な上司などと距離が近い分、メンタル不調になるケースもあるためです。

一方仕事場所を自由に選べれば、心を許せる人や見知らぬ人が周りにいるケースが多くなります。苦手な人がいても移動できるため、人間関係でのストレスは溜まりにくいです。

満員電車に乗らずに済む

満員電車に乗らずに済む点もメリットになります。近所のカフェに作業しやすい場所があれば、ストレスが溜まりやすい満員電車に乗らずに出勤できるためです。

脱サラの動機に「満員電車を避けたい」が多く挙げられるほど、満員電車のストレスは軽視できません。混雑で心身を削らずに済むのも魅力と言えます。

生産性が向上する

最後に生産性が向上するのも利点です。作業に集中できる場所を自由に選べるからこそ、仕事が捗ります。

特に人の出入りが少ない静かなカフェなどであれば、大声などの騒音を気にすることなく作業に没頭できるでしょう。

騒音が気になる場合も他に場所を変えるなど自由な工夫もできるため、結果的に生産性が向上しやすいです。

ノマドワーカーのデメリット4つ

好きな時間・場所でマイペースに仕事できるノマドワーカーにもデメリットがいくつかあります。主なものがお金がかかる点や自己管理能力が不可欠な点などです。

何かとお金がかかる

ノマドワーカーの作業は、何かとお金が必要になります。例えばカフェでも最低限のドリンク代が必要です。コワーキングスペースでは利用料が発生します。

たとえ一度に出るお金が500円以内でも、回数が増えれば月当たりの出費も膨大です。出費が付きまとう点への理解と、きちんとした金銭管理も必要でしょう。

個人事業主(フリーランス)の経費とは?確定申告についても解説 フリーランスとして働くことで、今まで会社が行ってくれていたことを全て自分でこなさなければなりません。 その中で最も負担がか...

自己管理能力が欠かせない

また自己管理能力も欠かせません。仕事を管理する人から自由である分、自身で上手く業務管理する必要があるためです。

作業の進み具合や成果も自己管理できるかどうかにかかってきます。オフィスにいる場合以上に自分を律していかないと、作業が進まず成果物も質の低いものになるでしょう。

社会的信用が下がる

さらに働き方次第で社会的信用が下がる場合もあります。フリーランスなど会社に雇用されていない立場では収入が不安定で、家賃やカードの支払いが滞ることもあるためです。

もし収入が不安定な働き方でノマドワークしたいのであれば、なるべく収入の安定や長期的な案件の継続などを心掛けることが求められるでしょう。

孤独になる場合もある

ノマドワーカーは場合により孤独になることもあります。気心知れた同僚がいるオフィスなどと異なり、カフェなどは不特定多数の人が利用するためです。

もし孤独になれば、寂しさのあまりメンタルに悪影響を与えたり作業に集中しにくくなったりするでしょう。仕事と同時にコミュニティなどの活用がおすすめです。

ノマドワーカーに欠かせない持ち物

ノマドワーカーは家やオフィス以外の場所で作業する分、常に備品を持ち歩く必要があります。欠かせないものがパソコンなどのデバイスやWi-Fiなどです。

パソコンやスマホなどのデバイス

まずパソコンやスマホなどのデバイスが重要になります。ノマドワーカーはインターネットを活用して仕事するのが基本であるためです。

また上司やクライアントとのコミュニケーションも必要になる分、パソコンやスマホがなければ仕事全体に関わるでしょう。外の作業でデバイスは必要不可欠です。

Wi-Fi

ネットで仕事する分、Wi-Fiも欠かせません。カフェではフリーWi-Fiも使えます。

ただしフリーWi-Fiはデータが暗号化されないのが大きなデメリットです。もし重要なデータのトラブルが発生すれば大きな損害が発生します。

データの安全を確保するのであれば、ポケットWi-Fiなどを用意するべきでしょう。

ポータブル充電器

さらにポータブル充電器も必要です。特にカフェでは店舗によってコンセントが全く利用できないケースもあります。

もし途中でデバイスの充電が切れた場合、作業の中断や場所探しなどで手間がかかります。充電がなくなる事態に備える意味でも予め充電器は用意するべきでしょう。

ノマドワーカーにおすすめの場所4選

ノマドワーカーにおすすめの場所は実に多いです。大きく分けるとカフェやコワーキングスペースなどがあります。

カフェ

おすすめの作業場所で一番わかりやすいのがカフェです。スターバックスやドトールなど大手チェーンのものから個人経営のお店まで多くあります。

特に大手チェーンのものは店舗も数多い分、あまり場所探しで苦労しません。近所でコンセント席を備えた店舗を数店舗見つけてあれば、より安心して作業しやすいです。

コワーキングスペース

コワーキングスペースもおすすめの場所と言えます。仕事目的で来る人が多い分、利用料金さえ支払えば静かな環境を確保しやすいためです。

またコワーキングスペースによっては案件の取引やイベントなど人脈を広げる機会も多くあります。仕事仲間ができれば孤独からも解放されるでしょう。

【自分のセカイを表現する】クリエイターが集うシェアハウス リバ邸セカイ リバ邸セカイは「自分のセカイを表現する」というコンセプトを元に作られた、クリエイターが集うシェアハウスです。 2020年の...

インターネットカフェ

インターネットカフェもおすすめの場所です。基本的にインターネットカフェもコワーキングスペースと同じように静かである分、仕事に集中できます。

加えてコワーキングスペースに比べると店舗数も多い分、場所探しにもあまり苦労しません。店舗数の多さと静かな環境の得やすさという両方のメリットがあると言えるでしょう。

公園

最後に挙げるおすすめの場所が公園です。カフェやコワーキングスペースなどと異なり屋外にある分、日光の下で仕事できるメリットがあります。

日光には前向きな気分や直観力に欠かせないセロトニンを分泌する効果があるのも大きな利点です。静かな公園であれば仕事に集中したり新しいアイデアが得られたりするでしょう。

一方で天候の影響を受けやすいデメリットがあるのも知っておくべきです。

ノマドワーカーにおすすめの職種4つ

ノマドワーカーとして仕事する際、おすすめの職種が気になる人もいますよね。おすすめと言えるのがITエンジニアやWebデザイナーなどです。

ITエンジニア

ノマドワーカーでおすすめの職種には、まずITエンジニアがあります。パソコンやスマホさえあれば場所に関係なくシステム構築できるためです。

加えてITエンジニアの案件相場は、要件定義など上流工程まで含めれば数十万円、中には100万円を超えることもあります。

高収入が期待できるほか、クライアントとの連絡もネットでできるのも利点です。

フリーランスエンジニアになるには?安定した仕事の取り方・年収を解説 IT業界ではフリーランスで活躍する人が多くいます。 エンジニアの中にはフリーランスで活躍する方も珍しいことではありません。...

Webデザイナー

Webデザイナーもまたおすすめの職種に数えられます。Webサイトを作ったりクライアントとのコミュニケーションを行ったりするのもネットで完結するためです。

加えてデザインやコーディングの専門知識やスキルを磨き、経験値を積めば高い報酬を稼げる可能性も十分にあります。旅しながらWebサイト作りという生き方も可能です。

フリーランスwebデザイナーになる方法は?年収や成功の秘訣を解説 フリーランスwebデザイナーになりたいと検討している方の中で「どのようになるか分からない」「どの程度稼げるのか不安」と悩んでいる...

Webライター

Webライターもおすすめの職種と言えます。数ある職種でもスキルや経験がなくても始めやすく、カフェで仕事するライターとしてデビューするハードルは低めです。

実際の案件もサイトを調べつつWordや専用の入力ツールを使うため、場所を問わず仕事できます。SEOスキルや特定分野の専門性があれば、報酬の高い案件を受注しやすいです。

フリーランスライターとは?年収や案件を獲得する方法を解説 webコンテンツを充実させるためにweb記事は欠かせません。 記事をただ多く提供するだけでなく、読み手が充実していると感じ...

ブロガー

ブロガーはブログを書く職種で、広告やアフィリエイトで収入を得ます。自分でブログを運営する場合は顧客との交渉が不要で、好きな時間・場所で執筆に集中しやすいです。

生計を立てられるほどの収入を得られるまで時間がかかるものの、根気強く続ければ有名ブロガーも夢ではありません。またSEOやマーケティングなどのスキルも鍛えられます。

ブロガー(アフィリエイター)になるには?年収・仕事内容を解説 SNSで自由な発信が出来るようになった現代では、自分のコンテンツをお金に変えることも可能です。 自分の開設したブログで収益...
フリーランスがブログが必須!開設方法やメリットを解説 ブログサービスが多い現在、日常生活の中で気軽にブログを作れるようになっています。そしてブログはフリーランスにとっても事業を今より...

ノマドワーカーになるには

今ノマドワーカーに憧れていると、なるための方法が気になりますよね。ノマドワーカーになるには以下にご紹介する4つの方法が重要です。

一定以上の収入を確保する

ノマドワーカーになる上でまず重要なものに、一定以上の収入を確保するというものがあります。ノマドワークをこなす場合、場所代などの運転資金が欠かせません。

加えて毎月一定以上の収入を確保できなければ、モチベーションが下がりノマドワークの継続自体が危うくなるでしょう。

もしフリーランスでノマドワークする場合は、安定収入を稼げだけの案件も確保するべきです。

会社員を退職する場合はローン契約も忘れずに

会社員を退職してノマドワーカーになる場合は、ローン契約も忘れずに行います。ノマドワーカーは会社員に比べると収入が安定しない分、ローン契約が通りにくいためです。

特に開業直後は社会的信用が大きく下がり、カードや賃貸契約も難しくなります。新規でカードを作るなどしたい場合は会社員であるうちがおすすめです。

フリーランスもクレジットカードを作れる!おすすめのカードも紹介 フリーランスとして活動する際、クレジットカードがあれば色々と便利です。しかし「フリーランスでカードの審査が通るのか」と不安になる...
フリーランスの賃貸契約を徹底解説!審査での必要書類なども紹介 フリーランスにとって賃貸契約を巡る現状は厳しいと言われています。会社員に比べて収入が不安定な分、信用が低いためです。 しか...

リモートワーク可能な会社に就職する

会社員のままノマドワーカーになりたいのであれば、リモートワークOKの企業に就職すると良いでしょう。出社せずに好きな場所で仕事しながら安定した給料がもらえるためです。

加えてリモートワークできれば、満員電車や人間関係のストレスも受けにくいと言えます。ノマドワークできる企業に就職すれば、ストレスをあまり感じることなく働けるでしょう。

クラウドソーシングサービスの活用

独立してノマドワーカーになりたいのであれば、クラウドソーシングサービスで副業するのがおすすめです。

クラウドソーシングサービスの案件の中には未経験OKのものも多く、実務経験を身に付けられます。

案件で得られた実績やスキルは開業後の大きな助けになるでしょう。同時にクラウドソーシングサービスでの収入が大きくなれば、開業のきっかけにもなります。

ただクラウドソーシングサービスで副業するには、まず勤務先の就業規則で副業OKか確認するべきです。

【初心者必見】副業におすすめのクラウドソーシングサイト8選 副業を始めようと検討している方の中には、クラウドソーシングサイトを利用しようかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 ...

ノマドワーカーに必要なスキル

実際にノマドワーカーとして働く際に必要なスキルは知っておくと良いでしょう。最低でも自己管理能力とコミュニケーション能力は求められます。

自己管理能力

ノマドワーカーで最も必要なスキルが自己管理能力です。ノマドワーカーは働く時間も場所も自由に決められる一方、スケジュールや必要なお金の管理などが欠かせません。

上司が近くにいない分、普段以上に自分をきちんとコントロールする必要に迫られます。1つ間違えればカフェなどでダラダラ過ごし、仕事できていないことにもなるでしょう。

ノマドワーカーは自由に動ける分、自分で計画的に考え動く必要があります。

コミュニケーション能力

ノマドワーカーでもコミュニケーション能力も重要です。仕事の際はチャットツールやスマホなどで上司やクライアントと日常的にやり取りします。

時間や場所の面で自由があるとはいえ、コミュニケーションがうまく取れなければ生計や信用にも関わってくるでしょう。

健全なノマドワーカーとして活躍する際は、コミュニケーション能力も欠かせません。

スキルなしでフリーランスになるには?おすすめの仕事もご紹介! フリーランスが増えている現在、独立して自由に仕事したいと思う人もいるでしょう。そして独立する際スキルなしでも大丈夫なのか気になる...

まとめ

今回はノマドワーカーのメリット・デメリットやおすすめの職種などについて見てきました。

ノマドワーカーには、時間・場所問わず仕事できる自由さや人間関係のストレスから解放される点など魅力があります。一方社会的信用が低いなどデメリットも理解するべきです。

おすすめの職種として、ITエンジニアやWebデザイナーなどネットを駆使するものがあります。なおノマドワーカーになるには事前準備も必要です。

自分のペースで働き方を決められるのがノマドワーカーの特徴と言えます。日頃の仕事に刺激を与える際の選択肢に考えてみてはいかがでしょうか。

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
最後になりますが、私が運営している横浜のフリーランス向けシェアハウス「リバ邸セカイ」では、フリーランスのサポートを行っております。 「環境を変えたい」「スキルを身につけたい」と感じている人は是非リバ邸セカイの公式LINEにて気軽にご相談下さい。