ニートやフリーター

ニートから人生逆転!スキルなしで起業家になる方法を徹底解説!

この記事に訪れているあなたは、

「今の状態を変えたい!」
「成功して周りを見返したい!」

こう思っているのではないでしょうか?

成功=沢山稼いでいる、と考える人も多いです。

お金を稼ぎたいという意思は多くの人に共通しています。

その中で起業は成功する手段の1つであり、世間一般的にも大きく評価されます。

はじめに結論を申し上げますと、起業家にはニートに限らず誰でもなれます。

この記事では、

• 特別なスキルがない
• 未経験
• 社会人歴がない

上記のような方に向けて、起業家になるための具体的な方法を解説します。

ニートでも起業家に向いている人の特徴3選

「自分でも本当に起業できるのかなぁ…?」

そう悩んでいませんか?

でも大丈夫です。
人は何かに挑戦しようとする時には、不安になりつい自分を疑いたくなるものです。

そんな時は周囲からの背中の後押しが欲しいところ…

そこで、ここでは現役の起業家について徹底リサーチした結果が示す、
起業家に向いている人の特徴について紹介します。

周囲に自分のことを認めさせたい人

・親や周りの友達から尊敬されたい
・有名になって注目されたい

このような人は、強い承認欲求を持っています。
誰かに認められたいという気持ちは人間なら誰しもあるもので、時には想像を超えるパワーを発揮します。

社会的に認めさせたいという気持ちは、社会的地位の高い起業家と通じるものがあるのではないでしょうか。

大きなコンプレックスがある人

コンプレックスの例は以下のようなものです。

• 育った家庭が貧乏だった
• 体や性格に人と違う悩みがある
• 過去に辛い経験をした(DV,いじめなど)

このような人は、人一倍辛い経験をしているでしょう。
このような経験は一生忘れられるものではありません。

ですが辛い経験は自分を動かす強いエネルギーに変えることができます。

テレビに出ている有名人やお金持ちが、
「過去には壮絶な人生を歩んでいた」
「極貧生活をしていた」
などと話しているのを良く見かけますよね。

このように成功者は、過去にコンプレックスを抱えていることが多いです。

なので、大きなコンプレックスを持っている方は、その分大きな潜在能力を持っていると言えます。

極度の負けず嫌い

負けず嫌いな人の特徴は以下になります。

・小さい時から何事も1番にこだわっていた
・同年代で自分よりすごい人を見ると悔しくなる

知らないうちに他人と比べたりしている経験はありませんか?
他人とは比べてはいけない、など賛否両論はありますが、

負けず嫌いは大きな才能です。

負けず嫌いの人は時に絶大なパワーを発揮するため、十分に起業への闘志となります。

【起業に向いている人まとめ】

• 周囲に自分のことを認めさせたい
• 大きなコンプレックスがある人
• 極度の負けず嫌い

これらの人に共通しているのは、何か強い意思を持っているかどうかです。
なぜなら、
起業して成功するのに1番大事なのは、何かを成し遂げたいという強い意思と行動力だからです。

ここで説明したのはあくまでも’’特徴’’です。
この条件を満たしていないと起業向いていない訳ではありません。

前述したように、起業して成功するには強い意思が必要です。
この特徴に当てはまっていなくても、何か強く成し遂げたいものがあれば、起業をすることをおすすめできます。

起業家になるための3つのポイント

いくら起業をしたくても、
詳しい知識もない状態で起業をするのは簡単なことではありません。
では実際どうすれば起業できるのでしょうか。

ここでは起業するにあたって押さえておきたい3つのポイントを解説します。

未経験から事業を起こすことを考えている人は、
このポイントを参考に行動することをおすすめします。

ビジネスモデルを考える

何かの事業を起こす時は、形がある・ないにしろ何かの商品を作り出す必要があります。

ビジネスモデルを生み出すことは簡単ではありません。
ここではビジネスモデルを生み出すための考え方と重要な3つの要素についてお話します。

ビジネスアイデア考えるには以下の3つの要素が重要になってきます。

• あなたが好きなこと・得意なこと
• 誰かの悩みや問題
• 時代に合っているかどうか

それぞれ見ていきましょう。

あなたが好きなこと・得意なこと

何かの価値を提供するには、自分が得意な分野であることが重要です。
筋トレで例えると、教える立場の人に筋肉がない場合や、筋トレをしたことがなかったら教えてもらおうとは思いませんよね。

ここでも同じく、人より優れているからこそ価値を提供することができます。

誰かの悩みや問題

また、誰かの悩みや問題であることが大事です。
ここでいう「誰か」とは、「個人」や「会社」のことを言います。

この「誰か」の数は多ければ多いほど市場の規模が大きいので、チャンスも巡ってきやすくなります。
一方で市場規模が大きいほど、チャンスを狙って参入してくる競合の数も多いです。

時代に合っているかどうか

上の2つの要素を満たしていたとしても、時代の流れと合っていなければ商品は売れません。
例えば、ガラケーが主流だった時代にBluetoothイヤホンを販売しようと思っても売れないことは明らかでしょう。

ほとんどの人がスマホを持つ今の時代だからこそBluetoothイヤホンが売れるということです。

必要な資金を割り出す

事業が決まったら、それを実行するのに必要な資金を計算します。

起業するといっても、フリーランスとして活動するのか、法人登記をして会社として活動するかによっても必要な資金が変わってきます。

法人として起業するのであれば、必ず資金が必要です。

会社の形態や手続きの方法によって差はありますが、
会社設立に関する手続きと各種の税金で約20万〜30万円程度かかります。

この金額に+で事業に使う資金が必要となってきます。

初期投資の資金はもちろんのこと、
毎月かかる固定費や税金などがどのようにかかってくるのかも勉強しておくと良いでしょう。

初期投資の資金を確保する

ビジネスプランと資金の計算が準備できれば、残すところで必要なのは資金です。

多くの資金があればその分、人を雇うことも外注することもできるので、
事業をより大きく動かすことができます。

すでに貯金があり、事業に回せるお金が十分にある人は問題ないでしょう。
しかし、今現在ニートの方や学生の方にとってこの資金集めが最大の難関なのではないでしょうか。

そこで次では、資金調達を行う方法について解説したいと思います。

0から資金を貯める5つの方法

資金を貯める方法は様々ですが、ここではスキルのない未経験者ができるものに特化してご紹介していきます。

またご紹介するものの中には、実績を積めばその分野で起業して稼いでいけるものもあります。
ただ、あくまでも資金を貯めることを目的とする方法としてご紹介するので、
継続して稼いでいくことは難しいものもありますのでその点はご了承ください。

HP・Web制作

あなたがもしIT分野で起業をしたいと考えていれば、初めからHP(ホームページ)・Web制作で資金を集めることを強くおすすめします。

スマートフォンの普及に伴い、Webサービスのニーズが非常に高まっています。

HP・Web制作とは、会社のHPを作ったり、HPをお客さんのイメージ通りにデザインしたりする仕事です。

Web制作ができるようになるには、プログラミングを勉強しなければいけません。
月額制の本格的な学習アプリや、本などで勉強できますので勉強にかける費用もそこまで負担にはならないでしょう。

クラウドソーシングサイトを使えば、勉強し始めて約3ヶ月後くらいからお仕事を受注することも可能です。

Web制作は次にご紹介するWebライティングよりも高単価な分、難易度は上がりますが、IT分野で起業したい人や大きな額を稼いでいきたい人におすすめです。

Webライティング

Webライティングは、とにかく短期間で稼ぎたい人におすすめです。

先ほどご紹介したHP・Web制作よりも専門性が少ないので、
本やYouTubeなどで1ヶ月程勉強すれば案件を受注できるようになります。

ネット検索で出てくるようなブログを書いて、1文字◯円でお仕事を受けるのが基本となります。1文字1円であれば、5,000文字の記事をかけば5,000円という仕組みです。

クラウドファンディング

現在注目されている資金調達の手段です。

クラウドファンディングとは、「アイデアや技術はあるけど資金がない」人々が、クラウドファンディングサイトを仲介して、不特定多数の人からの出資を募るといった方法です。

国内にもいくつかのクラウドファンディングサイトがあり、それぞれ出資方法や特徴も異な
ります。

・すでに画期的なビジネスモデルがある
・世の多くの人の問題を解決できるアイデアを持っている

上記に当てはまるような人は挑戦するのをおすすめします。

せどり・ネットショップ

せどりとは、商品を安く仕入れてその値段以上の金額で業者に販売し差額で儲ける、いわゆる仲介業者です。

Amazonや楽天などの大手オンラインショップや最近増えてきた無料のネットショップを使って行います。

初期費用が少ない点や特別な知識を勉強する必要がないことはメリットですが、
在庫管理が大変なことや、収入が安定しないといった点でデメリットもあります。

とにかくすぐに結果を出したい人などにおすすめです。

セルフバック(自己アフィリエイト)

アフィリエイトの一種です。
自分で商品を購入して、成果報酬として報酬を得ることができます。
商品を購入、といってもクレジットカードの申し込みや資料の請求などが多いです。

手順も簡単で、アフィリエイト商品を扱っているASPに登録してセルフバックページから購入するだけです。

セルフバックをする上での注意点は、セルフバックができるのは1つの商品に対し1度だけ、という点です。

上手く活用すると1日で数万円稼ぐこともできます。

【0から資金を貯める5つの方法まとめ】

• HP・Web制作
• Webライティング
• クラウドファンディング
• せどり・ネットショッピング
• セルフバック

それぞれにメリット・デメリットがあります。
どのような手法で資金を集めるかを考える前に、どのような分野で起業をしたいかを考えてから活かせる方法で資金を稼ぐことが起業への近道です。

起業に必要な金額や期間などを想定して自分に合った方法を選択するのがおすすめです。

まとめ

ニートからの起業は、必要なことをこなしていくだけで誰でもできます。
もちろんあなたにもそのチャンスはあります。

スキルやテクニック以前に知っておくべきなのが、
この世のビジネスの根本は誰かの悩みや問題を解決することだということです。

そのために多くの人の悩みを理解して、
あなたが決断して動きだす一歩の手助けになれれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。