ニートやフリーター

ニートとは?意味からニートを続けた場合のリスクまで解説

今や「ニート」という言葉は一般的なものになったと言えるのではないでしょうか。一方で、ニートの意味を詳しくは理解していない人もいるでしょう。この記事では、ニートに関して、その概要からフリーターや引きこもりとの違い、さらにはニートが社会に対して与えうる影響などについて解説します。自分自身がニートだという人、自分の周辺にニートがいるという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ニートとは

ニートとは正しくは「NEET」と書きます。元々はイギリスで生まれた言葉で「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとったものです。イギリスにおけるニートの定義は学生でなく、働いておらず、就職のための職業訓練を受けていない16〜19歳までの人たちのことを指します。つまり、何もしておらず働く意思のない若い人をニートと呼んでいるのです。

一方で、日本の場合は定義が若干異なります。日本におけるニートは15〜34歳が対象となっており、仕事をしておらず、学校にも通っておらず、自宅での家事の手伝いをする訳でもなく、就職活動もしていない人たちのことをニートと呼んでいます。なお、専業主婦はニートには含まれません。
このように、イギリスの定義と比べると、日本におけるニートは対象範囲が広いのが特徴だと言えます。

ちなみに、仕事をしておらず、学校にも通っていないような人でも、就職の意思がある人はニートには該当しません。

フリーター・引きこもりとの違い

ニートと混同してしまうものにフリーターや引きこもりがあります。ここでは、両者とニートの違いについて解説します。

フリーターとの違い

ニートとフリーターの違いを簡単にいうと働いているかどうかです。フリーターは15〜34歳の人のうちアルバイトやパートとして働いている人、もしくはそれらの職を探している人のことです。一般的には、不安定な雇用条件で働いている人を指す言葉として使用されていますが、フリーターにはこのような定義があります。
そのため、全く働いておらず、働く意思もないニートはフリーターとは完全に別のものだと言えます。

引きこもりとの違い

引きこもりに関しては、ニートに含まれます。ちなみに、引きこもりとは、趣味などの用事があるときだけ外出する人、コンビニなどには行く人、部屋からほとんど出てこない人で、その状態が6ヶ月以上続く人のことを指します。

ニートが社会に与える影響

仕事をしないニートは、一見すると社会全体には大きな影響を与えないように思えるかもしれません。しかし場合によっては社会に大きな影響を与える可能性があります。ここでは、ニートがどういった影響を与えるのか解説します。

少子化の恐れ

ニートは仕事をしていないため、収入がありません。そのため、結婚をしたくても難しい状態にあり、未婚のままで人生を終える可能性があります。そうなると、少子化がますます進行する恐れがあるでしょう。これは、フリーターの増加にも同じことが言えます。フリーターは収入こそありますが、低賃金であることが少なくなく、結婚は難しい、という状態になりがちであるためです。

生活保護受給者増加の恐れ

ニートの場合、親の収入によって生活しているケースが少なくありません。しかし親が亡くなると収入がゼロになります。そのため、生きるために生活保護を受給する人が増えると考えられます。生活保護受給者が増え続けると現在の仕組みが機能しなくなる恐れがあります。

ニートを続けるべきではない理由

多くの人は、ニートを続けるべきではない、となんとなくは理解しているはずです。ここでは、なぜニートを続けるべきではないのかその理由を解説します。

収入が得られない

先述の通り、ニートになると収入が一切ありません。現時点では親の援助を受けて生活ができているかもしれませんが、それがいつまで続くかは不明です。また収入がないと自分の欲しいものを買うことも難しくなるでしょう。何れにしても収入がないことによって、日常生活に不自由さを感じることが多くなります。

経済面で将来困窮する恐れ

収入がないということは、将来に向けた貯蓄をすることができないということでもあります。両親が亡くなり経済的な援助をしてくれる人がいなくなったとき、ニートは1人で生きていくことができなくなるでしょう。そうなると、生活保護のような社会的な支援を受けることになります。

社会的な信用が得られない

ニートは一般的に社会的な信用が低いと言えます。これは、ニートは収入がなく両親など他の人に依存して生活しているケースが多く、自立していないとみなされるためです。また社会的な信用がないとクレジットカードを作ったりローンを組んだりするのも難しくなります。

社会復帰のチャンスがどんどん遠のく

ニートの期間が長くなり、年齢を重ねると社会復帰できるチャンスがどんどん遠のいていきます。高齢になり仕事に活かせるようなスキルも特に持ち合わせておらず、職歴も十分でない人を企業は雇おうとしません。ニートを脱却しなければ、と考えている人は、いますぐに行動し始める方がいいでしょう。

ニートを脱却するためには

ニートを長く続けていると、社会的な信用を失うだけでなく、将来の生活にも困窮してしまう恐れがあります。そこでここでは、ニートを脱却するためにできることについて解説します。

アルバイトをしてみる

ニートが社会復帰をするためにいきなり就職をするのはハードルが高いと言えます。正社員や契約社員、派遣社員として働くとなると週5日フルタイムで働くことになります。ニートにとって週5日のフルタイムは体力的にも精神的にも簡単なことではありません。
そのため、社会復帰のための第一歩として、アルバイトをするのも選択肢となります。アルバイトであれば、週2日や3日、1日あたり5時間など勤務日数や時間をある程度調整することができます。また仕事内容に関しても責任が重い仕事は基本的に任されないので精神的な負担も軽くなるでしょう。さらにアルバイトの方が採用のハードルも低いので、ニートでも雇用して貰える可能性は十分にあります。

クラウドソーシングをしてみる

クラウドソーシングとは、仕事の受注と発注が行えるプラットフォームのようなものです。代表的なクラウドソーシングサービスにはランサーズやクラウドワークスなどがあります。クラウドソーシングサービスが扱う仕事内容は、専門的な知識が必要なものから初心者でもできるものまで多岐に渡るのが特徴です。またインターネット環境があれば、仕事ができるので自宅にいながら仕事をすることができます。利用にあたって料金などは発生しないので、ニートが社会復帰する際のハードルも低いと言えるでしょう。そのほかにも、コミュニケーションは基本的にチャットで行うので、緊張してしまう心配もありません。

就職活動をする

アルバイトやクラウドソーシングでの経験を経て、就職活動をするというのも1つの方法です。未経験でも応募可能な職種は意外と多くあるので、まずは求人サイトをチェックしたりハローワークに足を運んだりして、仕事を探してみましょう。この時、自分の希望する条件を掲げすぎると選択肢が少なくなってしまうので、注意して下さい。

ニート脱却を目指す人がやるべきこと

ここでは、今まさにニートを脱却しようと動き始めている人がまずやるべきことについて解説します。できることから始めていき、少しずつニート脱却に向けて進んでいきましょう。

人と会う

ニート期間が長くなっている人の中には、家族以外の人とほとんど会っていないという人も多いのではないでしょうか。ニートであることが恥ずかしくて会えない、ニートになってから昼夜逆転生活になってしまい時間が合わないなど、様々な理由から人と会っていない人は少なくないはずです。しかし人に会っていないと、いざ人と面と向かって話すことになった時に思ったようにコミュニケーションが取れない恐れがあります。これからアルバイトをするにしても就職活動をするにしても人との関わりは欠かせないので、人に会ってコミュニケーションをとる練習をしましょう。

生活習慣を正す

ニートは決まった時間に起きる必要がなく、眠くなったら眠ることができます。そのため、昼夜逆転生活を送っている人もいるのではないでしょうか。しかし社会復帰するとなると、夜勤の仕事もありますが、多くの仕事は日中に働くものばかりです。そのため、生活習慣を朝起きて夜寝るという形に正すようにしましょう。就職やアルバイトが決まってから直すのは大変なので、早いうちに取り組み始めて下さい。

自己分析をする

社会復帰を目指す場合、特に就職活動においては自己分析をすることが重要です。自己分析では自分のこれまでの人生を振り返り、どういった経験を積んできたのか、何に興味があり、何をするのが好きなのか、何が苦手で何が得意なのか、といったことをどんどん検討していきます。自己分析を行なっていけば、自分がどういった仕事に興味があるのか、どういった職種に向いているのかもなんとなく見えてくるはずなので、就職活動もスムーズに行えるようになるでしょう。

企業分析をする

自己分析同様しっかりと行なっておく必要があるのが企業分析です。世の中には沢山の企業があります。似たような業種の企業でもそれぞれに特徴があるため、なぜその企業を選んだのか、どういった点が自分に合っていると思ったのか、入社後はどういった点で企業に貢献できるのか、などをしっかりと検討する必要があります。

まとめ

今回は、ニートの概要からニートを続けるべきではない理由、さらにはニートが社会復帰をするためにするべきことなどについて解説しました。ニートを始めたばかりの頃は何もしなくていい生活が快適に感じられるかもしれません。しかしニート期間が長引くと社会復帰が難しくなり、経済的に困窮する恐れもあります。焦りを感じている人は、この記事を読んだらすぐに動き出すようにしましょう。