ニートやフリーター

ニートになりたい!ニートになるメリットとデメリットとは

現在企業勤めをしている人やアルバイトをしている人の中には「ニートになりたい
」と考えている人もいるのではないでしょうか。この記事では、なぜニートになりたいと考えるのか、さらには実際にニートになった時のメリットとデメリット、ニートになる時にするべきことなどについて解説します。ニートに興味のある人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ニートの定義

ニートは、もともとイギリスで誕生した言葉で、正しくは「Not in Education, Employment or Training」といい、頭文字を取って「NEET(ニート)」と呼ばれています。イギリスにおけるニートの定義は16〜19歳までの若者で、学校にもいかず働いてもいない人たちのことを指しています。

一方で、日本におけるニートの定義は、イギリスとは若干異なっているのが特徴です。対象となる年齢は、15〜34歳で、仕事をしておらず、学校にもいかず、自宅の家事手伝いもしておらず、就職活動もしていない人がニートとされています。

フリーターとしてアルバイトをしている人はニートには含まれませんが、いわゆる引きこもりはニートに含まれます。

ニートになりたい理由

ここでは、なぜ人々がニートになりたいと考えるのか、その理由について解説します。

人間関係に疲れた

ニートになりたい人の中には、人間関係に対して疲れてしまった人が少なくありません。学生時代までは、自分の好きな人、気の合う人と一緒にいる時間が多かったかもしれませんが、就職すると様々な年齢の人、色々な考え・価値観を持った人と一緒に働くことになります。そのため、中には自分とは合わない人も出てくるでしょう。そういった人との関係にストレスがたまり、疲れてしまった結果、ニートになりたいと考えるようになるのです。

仕事に疲れた

仕事に疲れてしまうことでニートになりたいと考える人もいます。例えば、残業が多語り、休みが少なかったり、上司にパワハラを受けていたり、と職場環境に問題があり、それが原因でストレスが溜まってしまう人もいるでしょう。そのような状況下だと、仕事をしたくない、ニートになりたいと考えるようになるかもしれません。

精神的な余裕が欲しい

毎日沢山の業務に追われ、プライベートの時間の確保も難しい状況になると、精神的に余裕がなくなり、疲弊してしまいます。精神的に疲れ切っている状況では、毎日の生活で充実感を得ることも難しくなるでしょう。このような状況を打破し、精神的な充足を得るためにニートになりたいと考える人も中には存在します。

ニートのメリット

ここでは、ニートになるメリットについて解説します。ニートというとネガティブなイメージがあるかもしれませんが、メリットも少なからず存在します。どういったものがあるのか確認していきましょう。

何もしなくていい

ニートの最大のメリットとも言えるのが、何もしなくてもいいことです。仕事に行く必要がないので、何時に起きても何時に寝ても構いません。また1日中ベッドの上でゴロゴロすることもできます。仕事や人間関係に追われていたときに比べると、何もしなくていい、ということがいかに素晴らしいことか実感できるはずです。

自分の時間ができる

ニートになると、仕事をしなくなるため、自分の時間が増えます。その時間を使って自分の好きなこと、やりたかったことをしましょう。ひたすら眠りたい、という人はずっと寝ていても構いませんし、資格や語学の勉強に興味のある人は、勉強に取り組むことができます。そのほかにも、一日中ゲームをしたり、漫画を読んだり、読書をしたり、絵を描いたりと、なんでもできる点はニートの大きなメリットと言えるでしょう。

ストレスがなくなる

ニートになれば、同僚も上司もいなくなります。そのため、面倒な人間関係によるストレスを感じることもなくなります。またクライアントからの電話やメール、差し迫る納期のプレッシャーからも解放されます。さらに、毎朝の通勤ラッシュでぎゅうぎゅう詰めになり、ストレスを溜めることもありません。ストレスがなくなるので、落ち着いた日常生活を送ることができるでしょう。

ニートのデメリット

メリットの一方で、ニートになることにはデメリットも存在します。どういったものなのか確認していきましょう。

社会的な評価の悪さ

ニートに対する社会的な評価は、一般的には低いと言えます。「ニートをしている」と伝えると口には出さないものの冷ややかな目で見てくる人もいるでしょう。またクレジットカードやローンを組むのも難しくなってしまいます。

収入がなくなる

ニートになると当然ですが、収入がなくなります。そのため、安定した生活を送ることができなくなるかもしれません。両親がサポートしてくれる、働いていた時の貯金を切り崩して生活をする、という人もいるかもしれませんが、それらがいつまでも続く訳ではありません。どのかのタイミングで必ず経済的な問題に直面することになるでしょう。

社会復帰が難しくなる恐れ

ニートの期間が長いと社会復帰が難しくなります。中途採用を行う企業はある程度の経験を積んだ即戦力を求めるのが一般的であるため、キャリアにブランクのあるニートはどうしても敬遠されてしまいます。また仕事をしていない期間が長くなると、仕事をすることに対して不安を感じるようになるため、精神的な面でも社会復帰が難しくなるでしょう。

不健康になる恐れ

ニートの中には、1日中家の中でゴロゴロする、お菓子やジャンクフードばかり食べている人も少なくありません。そのため、栄養が偏り運動不足となるため、不健康になる恐れがあります。体調を崩してしまっては元も子もないため、ニートになった後も定期的に運動をしたり、栄養バランスを意識した食事を摂取したりする必要があるでしょう。

ニートになる前に考えるべきこと

今現在ニートになりたい、と考えている人は、本当にニートになった方がいいのでしょうか。ニートになる前に、いくつかの点について考えてみて下さい。もしかしたらニートにならない方法が見つかるかもしれません。

仕事変えれば状況が変わらないか

今の職場の環境や人間関係にストレスを感じニートになりたいと考えているのであれば、転職をしたり異動を申し出たりすることで状況を改善できるかもしれません。ニートになりたいと考えている人は、何に対してストレスを感じているのか洗い出してみて下さい。その原因が職場にあるのであれば、環境を変えることでニートにならなくても済むかもしれません。

生活習慣を変えれば状況が変わらないか

十分な睡眠がとれていない、偏った食事ばかりとっている、運動不足、など生活習慣が悪いためにストレスを感じ、それが仕事にも影響しニートになりたい、と感じる人も中にはいます。生活習慣が乱れるとネガティブな感情でいっぱいになってしまいます。生活習慣を改善することで状況が良くなる可能性もあるので、まずは自身の生活習慣の見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

考え方を変えることで状況が変わらないか

ニートになりたい、と考える人の中には、完璧主義である人も少なくありません。「仕事を完璧にしなければ」「みんなから評価される人間にならなければ」など、完璧を追い求めるがゆえに、心が疲弊してしまいニートになりたいと考えるようになるのです。そのため、完璧思考という考え方を変えるだけで、心に落ち着きを取り戻すことができ、働き続けることができるかもしれません。

どうしてもニートになりたい人がするべきこと

ここからは、ニートになりたい人がするべきことについて解説します。何も考えずにニートを始めると、後々問題に直面することになるため、事前にやるべきことを押さえておきましょう。

生活費を確保しておく

ニートは収入がないため、生活費を確保することが重要です。生活費とは、家賃や食費、携帯電話代、水道光熱費、といった各種費用のことです。また趣味がある場合はそれらに使用するお金も必要になるでしょう。ニートになる前に、1ヶ月あたりの必要な生活費がどのくらいになるのか確認し、予算を組むようにして下さい。

期間を決めておく

ニートになる前に、ニートをどのくらいの期間続けるのか決めておきましょう。期間を決めることなくニートを続けてしまうと、際限なくいつまでもニートをしてしまいます。そうなると、先述の通り社会復帰をするのがどんどん難しくなってしまうでしょう。また貯蓄を切り崩してニートをしている場合は、お金が底を尽きる可能性もあります。「ニートは半年間だけ」「半年後には就職活動を始める」など具体的な期間を定めたうえで、ニート生活を始めるようにしましょう。

ニートはあくまでも最終手段

ニートになりたい、と考える人は少なくないはずです。しかしここまで解説してきたように、ニートはメリットの一方で、デメリットも少なくありません。場合によっては社会復帰ができなくなり、生活保護などを利用することになるかもしれません。そのため、ニートはあくまでも自分自身が困った時の最終集団として考えておくようにしましょう。ニートになるという決断を下す前に、ニート以外で現状を打破する方法がないかよく考えてみて下さい。

まとめ

今回は、ニートになりたい、という願望を持つ人に対して、ニートの概要から、ニートになることのメリット・デメリット、さらにはニートになる前にするべきことなどについて解説しました。仕事をしなくていいニートは、仕事に追われる社会人からすると羨ましいものかもしれません。しかしニートになると社会的な信用を失うほか、社会復帰ができなくなり、経済的に困窮する恐れもあるなど非常にリスキーだと言えます。ニートになりたいと考える人は、まずニート以外の方法で現状を打破できないか考えてみて下さい。