クラウドソーシングサービス

ママワークスの評判・口コミを解説!迷惑電話が多いのは本当?

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。

このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

毎日の家事や育児が忙しい一方、不安定なスキマ時間でお金を稼ぎたい主婦におすすめなのがママワークスです。

主婦の目線に立っていることで有名とはいっても、やはり評判などが気になりますよね。今回はママワークスの評判・口コミをご紹介します。

ママワークスの基本情報をご紹介!

様々なクラウドソーシングサービスの中でも、家事や育児に忙しい主婦層の間で人気が高いのがママワークスです。

スキマ時間を活用した副業で収入を増やす際、ママワークスの利用を検討する人もいます。

ママワークスについて調べる際、サービスの概要や運営会社などが気になる人もいるのではないでしょうか。

まずママワークスのサービスの内容や仕事の流れなどをご紹介します。

ママワークスのサービス概要

ママワークスは2015年9月にリリースされたクラウドソーシングサービスです。名前に「ママ」と付くように、子育て中の主婦が多く登録・利用しています。

なお2020年4月現在の会員数は20万人です。

紹介されている仕事はデータ入力や簡単なライティング案件など、家事や子育ての合間にできる案件が多く揃っています。

また契約している企業も主婦のライフスタイルに理解があるところが多いのも特徴です。加えて副業初心者へのサポートが充実している点も人気の秘密となっています。

ママワークスの運営会社

ママワークスの運営会社は、2008年に設立された株式会社アイドマ・ホールディングスです。

同社は個人情報を適切に扱う企業に与えられるプライバシーマークがある企業として知られています。またログイン時に入力した個人情報を暗号化するSSLの採用でも有名です。

個人情報を厳正に扱う取り組みに熱心であるため、登録した個人情報の扱いについても安心できます。

男性や未婚女性でも歓迎

ママワークスと聞くと、男性や未婚女性の中には利用できるかどうか心配な人もいるのではないでしょうか。実は男性や未婚の女性であっても登録可能です。

実際に登録する際、性別選択欄でも男性のところにチェックを入れられる仕様になっています。

加えて「よくある質問」欄でも、男性や未婚女性が登録・利用できる旨が明記されているために安心です。

仕事の流れや手数料

ママワークスで仕事する際は、まずメールアドレスを送って仮登録します。仮登録後に詳しくプロフィールを入力した後で本登録になる流れです。

本登録後は希望する条件で募集中の案件を絞り込み、興味のある案件に応募します。応募後は企業から連絡とオンラインなどでの面接が行われ、契約に繋がれば仕事開始です。

ママワークスはクラウドソーシングサービスの1つではあるものの、手数料は発生しません。スキマ時間などで働いた分のお金を差し引きされることなく受け取れます。

評判・口コミでわかるママワークスのメリット4点

ママワークスでの副業を考える時、利用するメリットが気になる人もいるのではないでしょうか。

ママワークスのメリットは主に4つあるので、1つ1つ見ていきましょう。

主婦向けの仕事が多い

まず主婦向けの仕事が多いというメリットがあります。毎日の家事や育児などひとまず落ち着いた時間で簡単にできる案件が多いです。

仕事のカテゴリとして、データ入力やライティング、フリマの業務委託などがあります。

短時間でできるものや専門的なスキルが求められないものも多く、家事などで忙しくても焦ることなく取り組める点で安心です。

加えて経歴を入力しておくと、今までのキャリアを活かせる仕事も紹介して貰えます。経歴を利用できる点は、仕事への復帰を目的に副業するときなどに便利です。

希望条件の仕事を見つけやすい

次に希望条件に合った仕事を見つけやすいメリットもあります。ママワークスでは仕事検索画面で「こだわり条件機能」が利用できるためです。

こだわり条件機能では、全部で25個の条件が設定されています。具体的には稼働時間や希望の月収、働き方などに関する内容です。

中には「扶養内で調整可能」や「家事・育児経験が役立つ」などの主婦に寄り添った内容の条件も設定できます。家事・育児などの状況に合わせた仕事探しがしやすいのが特徴です。

在宅ワーク初心者へのサポートが厚い

さらに在宅ワーク初心者へのサポートが厚いことでも評判があります。特にパソコンやネット環境がないという人へのサポートはママワークス独特のものです。

パソコンがない人は、案件探しの際にこだわり条件機能で「パソコンのレンタル・支給」の条件を加えることで、パソコンを貸与などする案件を紹介してもらえます。

一方ネット環境がない場合でも、光回線を会員割引価格で利用できる点でも安心です。

他にもアドバイザーの対応が親切な点や、在宅ワーク動画講座・情報コラムで在宅ワークについて色々学べるコンテンツがある点でも人気があります。

以上のようにママワークスでは、在宅ワークが初めてな人でも不安を感じずに済むサポートが豊富です。

手数料がない

手数料がない点でも評判があります。ママワークスの会員は、紹介された案件で企業と直接契約を結ぶ仕組みになっているためです。

多くのクラウドソーシングサービスでは、発生した報酬の一部がシステム利用手数料として引かれます。ただ手数料の金額や割合の高さに不満を感じる人も多いです。

ママワークスでは手数料が一切かからないために、手数料のことを気にする必要がありません。育児やプライベートで出費が必要な主婦層にとって安心できます。

評判・口コミでわかるママワークスのデメリット3点

ママワークスは在宅ワーク初心者へのサポートが厚い点などのメリットが多いです。一方で利用者の評判・口コミからはデメリットもいくつか見えます。

デメリットの部分も1つずつ確認していきましょう。

ITやWeb関係の案件に偏っている

まずITやWeb関係の案件に偏っているデメリットがあります。ママワークスの案件では、スキマ時間に終わらせられるものが多いです。

ただ案件全体では、ライティングや開発案件などITやWebに関係するものの比重が大きくなっています。少なくともITやWeb関係の基礎知識が必要です。

もしITやWeb関係に苦手意識がある場合は、事務局が用意しているオンライン講座などを活用して早めに慣れておいた方が、ママワークスでの副業で非常に役立ちます。

単価の安い案件や詐欺案件もある

また単価の安い案件や詐欺案件がある点もデメリットです。スキマ時間でできる反面、時給が安くまとまった収入に繋げにくいものも見られます。

加えて「詐欺案件を紹介された」という評判も目立ちがちです。「簡単な操作で〇万円稼げる」など怪しい内容の案件が紹介される場合があります。

単価が安い件については、他のクラウドソーシングサービスとの併用がおすすめです。一方怪しい内容の案件については、募集中の企業の検索するなどの対策が必要となります。

案件によってはスキルがないと稼げない

スキルがないと稼げない案件があるのもデメリットです。例えば高収入を得られる開発案件などは高いスキルが求められるため、未経験の人には難しいといえます。

またテレアポ案件のように、慣れるまで時給1,000円以下のケースも多いです。ママワークスで高報酬の案件を探す場合は、持っているスキルの種類や高さも考える必要があります。

口コミなどに見られるママワークスで迷惑電話が多い噂は本当?

ママワークスの口コミでは、「迷惑電話」の語を見かけるケースも多いです。「ママワークスで迷惑電話が多い」という噂を聞くと、本当かどうか気になりますよね。

口コミで言われる「迷惑電話」とは、仕事を紹介する営業電話のことです。運営事務局が未稼働の会員に仕事を紹介するために連絡するケースがあります。

あくまでも事務局側が求人の案内をする目的のものであるため、不安になることはありません。

ただ営業電話が多いことで不快な気持ちになりたくないのであれば、プロフィールで電話番号を登録しない設定にすれば大丈夫です。

ママワークス利用者の評判・体験談

ママワークスを利用しようと考えるとき、実際利用した人の評価が気になりますよね。利用者の評判や体験談を、良いものと悪いもの2点ずつご紹介します。

ママワークスの良い評判

本ではないのですが、ママワークスという在宅求人サイト(無料登録)内にある、オンライン講座という動画が分かり易いと思います。
webマーケティングの項目では、動画で実際にこうするといいよ、とツールとやり方を解説しています。

(参考:「Twitter」)

在宅ワークで何らかの仕事をする際、業務に必要なスキルの情報が必要になります。上記口コミはママワークスの動画講座が分かりやすいという内容です。

ママワークスの動画講座は在宅ワークに関する内容のものもあるため、在宅ワークデビューやスキルアップにもおすすめといえます。

もう1つご紹介する良い評判は、以下のようなものです。

個人的には「ランサーズ」や「クラウドワークス」のようなクラウドソーシングで仕事をするよりは、「ママワークス」で直接仕事をとったほうが在宅ライターの単価は高い気がする。手数料って地味にかかるし…最初のWEB面接とか研修は大変だけど結果的に取り分が多いのでおススメ

(参考:「Twitter」)

ランサーズやクラウドワークスも人気のあるクラウドソーシングサービスである一方、手数料で取り分が減る点に不満を感じる人も多くいます。

しかしママワークスは手数料が少ない点が評判です。加えて上の口コミでは、ライティングの単価が高いものも多くおすすめである点もメリットとして触れられています。

ママワークスの悪い評判

5件くらい応募して採用までこぎつけたのは1件。在宅DTP関係はモリサワパスポート持ってないと厳しいらしい。DTPかWEBデザインしたかったのに、なぜか今在宅秘書の講座受けています。

(参考:「Twitter」)

上の口コミでは、必要なツールがないために取り組みたい案件をあきらめ、別案件のために秘書講座を受講していることが書かれています。

場合により特殊なスキル・ツールが求められる案件もあるため、仕事探しの際は注意が必要です。

最近仕事の合間に空き時間が増えたのでもう一つ仕事増やそうとママワークスというリモート中心のポータルサイトである仕事に応募し面接をしたら時給700円と言われた。そもそも日本の最低賃金より低いから違反だし世の中のママがリモートだからって搾取されてる状況に腹たつ
700円で働いちゃダメでしょ。

(参考:「Twitter」)

時給が非常に安い案件を紹介されて不快な気分になっている内容です。あまりにも報酬の安い案件を紹介される場合もあるため、納得できなければ断る勇気も大切になってきます。

ママワークスがおすすめの人とは

ママワークスは主婦や未婚女性、男性など様々な人が利用できるサービスです。特におすすめの人として、以下に当てはまる場合が挙げられます。

スキマ時間でお金を稼ぎたい主婦

まず家事のスキマ時間でお金を稼ぎたい主婦です。ママワークスでは簡単なデータ入力など短時間でササっと済ませられる案件が多く、スキマ時間でのお金稼ぎに向いています

簡単で短時間でできる案件であれば、スキマ時間を持てる時間帯が予想できない主婦にとってもお金稼ぎしやすいです。

在宅ワークの初心者や経験の浅い人

また在宅ワークの初心者や経験の浅い人も、ママワークスがおすすめといえます。ママワークスは在宅ワークや各職種の動画講座が充実しているため、未経験でも心配ありません

ライティングのようにスキルがなくても始めやすい案件もあるため、在宅ワークの経験があまりない人にとっても敷居が低いです。

手数料を気にすることなく仕事したい人

さらに手数料を気にすることなく仕事したい人にもママワークスはおすすめできます。

クラウドソーシングサービスでは手数料が報酬から引かれるケースが多いです。手数料で余分な出費が増えて心配になる方もいますよね。

しかしママワークスであれば手数料が一切かからないため、取り分が少なくなることで心配する必要がありません。

手数料を負担せずに済む分、気持ち良く仕事に専念しやすくなります。

まとめ

今回はママワークスの評判について見てきました。在宅ワーク初心者へのサポートが厚い点や手数料がかからない点、主婦目線の案件が多い点が高く評価されています。

一方で詐欺案件や安い案件があることや、案件によりスキルやツールが必要な場合がある点が不評です。

また迷惑電話が多い口コミも目立ちます。ただ実際には事務局の営業電話であるため、電話番号を登録しなければ問題ありません。

ほかにも主婦だけではなく、未婚女性や男性も利用できます。

ママワークスは特にスキマ時間をうまく使ったり、在宅ワークに初めてチャレンジしたりする場合におすすめです。加えてWebやIT関係が得意であればチャンスも広がります。