フリーランスエージェント

フリーランスエージェントを徹底比較!おすすめ業者を12個厳選

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。 このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

フリーランスとして働くと、普段の仕事以外にも案件探しや会計処理、スキルアップなども自分でこなさなければいけません。おかげで仕事以外のことで相当時間を費やします。

他のことにも労力を割くような状態に疲れたりうんざりしたりする人もいますよね。また案件探しも極力良い条件の仕事を見つけたいでしょう。

高報酬の条件を見つけたり、営業を代行してもらえたりできるのがフリーランスエージェントです。フリーランスエージェントには様々な業者や利用のポイントがあります。

今回はフリーランスエージェントについて、おすすめの業者とともに徹底解説していきましょう。なお今回の記事は以下のような人におすすめです。

  • 高報酬の案件を受注したい人
  • 営業や事務作業などを軽減したい人
  • フリーランスエージェントの選び方や利用のポイントを知りたい人

フリーランスエージェントとは

「フリーランスエージェント」という語を聞いたことがある人もいれば、今まで知らなかった人もいますよね。

フリーランスエージェントとは、フリーランスに希望条件やスキルの合う案件を紹介する業者のことです。主にエンジニアやデザイナー向け案件を多く揃えています。

加えて案件の単価も基本的に高めです。クラウドソーシングサービスで探す場合に比べると、かなり収入面で安定できるでしょう。

案件の紹介以外にも、利用するフリーランスに代わって事務作業を行う点も特徴です。普通に仕事を探す場合に比べて余計な作業をする時間が軽減されます。

日頃の雑務が原因で仕事に集中しにくい状況にうんざりしているフリーランスにとって、おすすめのサービスと言えるでしょう。

フリーランスエージェントを活用するメリット5つ

基本的に営業や事務手続きを全部自分でしなければならないフリーランスにとって、エージェントを利用するメリットは様々です。

利用のメリットとしては、営業の手間が省ける点や収入などが安定する点などの5つがあります。

営業の手間が省ける

最初のメリットが、自分で営業する手間が省ける点です。フリーランスエージェントでは案件紹介を含め営業活動を利用者本人に代わって担当のアドバイザーが行ってくれます。

具体的には利用者が登録した後にアドバイザーが希望条件などのヒアリングを行い、適切な案件の交渉や面接の段取りを整えるなど非常に便利です。

加えてエージェントの中には、福利厚生サービスの一環で確定申告を代行してくれる業者もあります。

営業や事務作業などを代行してもらえる分、本来の仕事やスキルアップに専念できるでしょう。

収入や案件の面で安定する

また収入や案件の面で安定する点も利用の大きなメリットです。フリーランスエージェントで紹介される案件は、基本的に高報酬など好条件になっているものが多く見られます。

加えてアドバイザーが企業との単価交渉までしてくれるため、比較的待遇が良くなる傾向です。案件の契約期間も長めである上、期限が近付くと別の案件を紹介してもらえます。

高い収入が保証され、案件も途切れにくくなるため、安定収入を狙う上でエージェントは欠かせません。

仕事の選択肢が広がる

仕事の選択肢が広がる点も利用のメリットの1つです。自分で案件探しをする場合、自分で制限を加えてしまい、狙えそうな案件も無視することがあります。

しかしエージェントではアドバイザーがスキルや実績などから案件を冷静に見極めるため、今まで避けてきた案件が狙えることも多いです。

自分で思っている実力以上の仕事ができる可能性もあるため、仕事の選択肢も今まで以上に広がるようになります。

将来のキャリアプランでアドバイスがもらえる

将来のキャリアプランでアドバイスしてもらえる点もメリットです。アドバイザーもキャリアで助言できるほどエンジニアやデザイナーへの知見や営業経験が豊富であるためです。

加えてエージェントでは、定期的にキャリアやスキル関係のセミナーが開催されています。自分のキャリアやスキルを向上する機会を設けてもらえる点で便利です。

福利厚生が受けられる

最後にフリーランスエージェントで案件を受注した場合、福利厚生が受けられます。用意されている福利厚生の内容は、正社員が受けられるものにも劣りません。

具体的な内容は健康診断の援助サポートや万一の場合の所得補償制度、確定申告代行など様々です。中にはフリーランス向けのセミナーや交流会を開催するケースもあります。

フリーランスの負担が大幅に軽くしたり、生活関係で厚くサポートしてくれたりするため、エージェントの福利厚生は色々と便利です。

フリーランスエージェント選びのポイント7つ

フリーランスエージェントで自分が納得する案件を契約するには、選び方が重要になります。選び方のポイントが、以下に挙げる7つです。

必ず複数登録する

まず選ぶ際は必ず複数の業者に登録します。様々なアドバイザーの意見を参考にすることで、自分の正確な市場価値を見極められるためです。

加えて複数のエージェントに登録してあれば、より多くの案件が見つかります。紹介される案件が多い分、自分にとって最適な条件の案件が見つかりやすいです。

最低でも大手2社と、自分が気になった1社の合計3社に登録すると良いでしょう。少しでも多く登録すれば、自分にとって理想の働き方や収入を実現できる可能性が高まります。

自分のスキルに適した案件が多いエージェントを選ぶ

次に自分のスキルに適した案件が多い業者を選ぶことも大切です。スキルや実績に見合った案件ほどかなり短い期間で見つかりやすくなります。

逆にスキルや実績と無関係な案件であるほど、企業側からはニーズを満たす人材ではないことを理由に敬遠されがちです。

自分のスキルに合う案件が多いところほど、収入や仕事が途切れるリスクを避けられやすくなります。

担当者の質・人柄も注目

さらに担当者の質や人柄にも注目するべきです。フリーランスエージェントを使った案件探しは、何よりも担当者との信頼関係が重要になります。

自分の人柄やスキルなどをきちんと把握し対応も早い担当者であれば、案件探しのモチベーションも高まるでしょう。しかし担当者の質が低い場合は、案件探しも捗りにくいです。

担当者の質を見極めるには、各エージェントの評判や口コミを参考にすると良いでしょう。担当者の良し悪しも選ぶ際の重要な要素です。

マージンの率や仕組みもチェックする

エージェントを選ぶ際は、マージン(仲介手数料)の率や仕組みにも注意します。マージンは案件報酬から天引きされる分、実際の手取り金額にも大きく影響するためです。

マージンの率や仕組みは業者によって異なります。また決まる仕組みも契約金額や回数、継続期間の長さなど条件が様々です。

できるだけマージンの率が低く、仕組みでもなるべく負担せずに済むようなところを選ぶと良いでしょう。

在宅案件か常駐案件かも確認

紹介される案件が在宅案件か常駐案件かを確認することも大切です。エージェントにより在宅案件が比較的多いところや常駐案件が大多数のケースなどがあります。

もし家などにいながら1人で開発案件に関わりたいのであれば、極力在宅案件を多く扱っているところを選ぶと良いでしょう。

加えて在宅案件か常駐案件かという問題は、案件の見つかりやすさにも関係します。自分の理想的な働き方に繋がるエージェントを複数探すのがコツです。

案件が直請けか下請けかも意識

案件が直請けであるか下請けであるかも重要なポイントと言えます。直請け案件の方が下請け案件よりも高い報酬を得られるためです。

もし直請け案件があまり多くない場合は、下請け案件でもなるべく直請けに近いかどうかを確認すると良いでしょう。下請け案件でも直請けに近ければ報酬が高い傾向にあります。

加えてトラブルが発生した際に自分の声が伝わる早さも、直請け案件ほど早いです。万一の場合に自分の声が反映されるかどうかも含めて、直請け案件か下請け案件かを判断します。

なお直請け・下請け案件が両方とも多い場合は、直請け案件やなるべく直請けに近い案件を希望条件として伝えると良いでしょう。

支払いまでの期間もチェック

最後に報酬が支払われるまでの期間もしっかりチェックするべきです。支払期間もエージェントにより様々で、中には最短15日以内と早いところもあります。

支払期間をチェックする際に気を付けたい点が、期間が60日以内になっているかどうかです。期間が60日を超える場合は下請法に触れているほど劣悪なエージェントと言えます。

支払期間の長さも安心して仕事できるかどうかを判断する重要な要素です。忘れずにチェックすることが大切でしょう。

ITエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント8つ

フリーランスエージェントには様々な業者があるため、選ぶのが大変という人もいますよね。まずITエンジニアにおすすめのエージェント8つを見ていきましょう。

おすすめの業者として、レバテックフリーランスやMidworks(ミッドワークス)などがあります。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは2017年8月に設立されたレバテック株式会社が運営するエージェントです。フリーランスエージェントでは国内最大級の規模を誇ります。

月収100万円以上の案件も揃えているため、かなりの高収入を期待できます。また関西や九州にも事務所があるため、地方で案件探しする場合も便利です。

加えてコーディネーターと企業担当者、フォロワーの3人1組でサポートしてもらえます。専属で3人もの担当者がいる分、安心して相談できるでしょう。

ただし常駐案件が多い代わりに、リモート案件が少ない傾向です。もしリモートワークを希望する場合は、リモート案件が多いエージェントも一緒に登録すると良いでしょう。

なお福利厚生の一環として、フリーランス交流会やスキルアップセミナーの機会も多いです。先々を考えてスキルを磨いたり、人脈を広げたりできます。

\簡単5分で登録/

レバテックフリーランスの評判や口コミを調べてみた

Midworks(ミッドワークス)

Midworks(ミッドワークス)

midworksは2013年10月に設立された株式会社Branding Engineerが運営するエージェントです。主に関東地方の案件を扱い、リモート案件の比率も高くなっています。

サポートの手厚さで非常に評判が良いです。特に福利厚生面が正社員並みで、フリーランス協会のサービス利用が可能な点や給料の8割が保証される点などがあります。

一方で案件が関東に集中している分、関東以外の地域に在住の人には不向きです。関東以外の案件を希望する場合は、他地方の案件を多く扱うエージェントの併用が欠かせません。

\簡単5分で登録/

ミッドワークスの評判や口コミを調べてみた

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスは株式会社フォスターネットが1996年から運営しているエージェントです。フリーランスエージェントでは老舗と言えるため、実績やサポートの確かさで評判があります。

案件数も常時5000件と非常に多く、特に直請け案件も豊富な分、全体的な単価が高い傾向です。収入や案件の安定を願うフリーエンジニアには非常におすすめでしょう。

またサポート面でも高い満足度を誇っています。アドバイザーがIT業界やフリーエンジニアの働き方に非常に理解があるため、案件提案や企業交渉でも信頼しやすいです。

なお基本的に関東地方の案件が多い傾向にあります。他地域の案件も探したい場合は、地方案件に強いエージェントも一緒に登録すると良いでしょう。

\簡単5分で登録/

フォスターフリーランスの評判や口コミを調べてみた

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

2015年12月設立の株式会社ITプロパートナーズが運営しているエージェントです。案件数が多い上、常駐案件からリモート案件まで幅広い働き方に対応しています。

加えて直請け案件も多いため、高収入も狙えます。アドバイザーによるサポートも評判があり、希望条件やスキルに合致した案件を提案してもらいやすいです。

福利厚生面も充実しており、確定申告の代行サービスや所得補償制度などが備えてある点で安心できます。働き方の心配をせずに案件探ししたい人におすすめです。

\簡単5分で登録/

ITプロパートナーズの評判や口コミを調べてみた

エミリーエンジニア

エミリーエンジニア

エミリーエンジニアは株式会社ビスタクルーズが2007年から運営するフリーランスエージェントです。東京以外では福岡にも事業所があるため、九州地方の案件も探せます。

エミリーエンジニアはフリーランス初心者でも利用できるのが大きなメリットです。独立直後の人にはフリーランスに必要な知識などを教えてもらえます。

また直請け案件や単価が高い案件が多いです。年収1,000万円の高年収エンジニアも全体の2割に及びます。加えて案件参画後のアフターフォローが手厚い点でも評判が高いです。

一方で案件の多くが首都圏に集中しています。地方に事務所があるとはいえ、関東在住者の方が利用しやすいでしょう。

\簡単5分で登録/

エミリーエンジニアの評判や口コミを調べてみた

geechs job(ギークスジョブ)

geechs job(ギークスジョブ)

ギークスジョブは2007年8月設立のギークス株式会社が運営しているエージェントです。運用実績が長いエージェントの1つに数えられます。

案件数は業界最大規模であるため、条件に合う案件が見つかりやすいです。大企業による案件も扱われています。

報酬面では月収50万円以上の案件が多いです。月収100万円以上のものはあるものの、場合により見つからないケースもある点に注意が必要でしょう。

また名古屋・大阪・福岡の3都市に地方事務所があるため、地方案件にも対応してもらいやすいです。地方在住者にとっておすすめのフリーランスエージェントに数えられます。

福利厚生面でも「フリノベ」があり、健康診断や英語学習、税金関係のサポートなど内容が豊富です。加えてフリーランスの交流会やセミナーも開催されています。

\簡単5分で登録/

ギークスジョブの評判や口コミを調べてみた

PE-BANK

PE-BANK

PE-BANKは1989年設立の株式会社PE-BANKが運営しているエージェントです。

長く運営されている分、登録者の年齢層が高いという特徴があります。年齢が高い人でエージェント利用が初めてでもおすすめです。

案件についても質の高さで評判があります。特にマージン率も業界最安の12%で、継続期間の長さに応じて低くなる仕組みです。

PE-BANKはフリーランスエージェントの中でも全国9ヶ所に事務所があるため、地方在住でも案件が探しやすくなっています。地方案件を探すにはおすすめのエージェントです。

福利厚生も手厚く、所得補償制度や資格取得支援制度まであるためにスキルアップも図れます。なおプロエンジニア向けの懇親会も毎年開催され、参加費補助や家族同伴もOKです。

\簡単5分で登録/

PE-BANKの評判や口コミを調べてみた

クラウドテック

クラウドテック

クラウドテックは株式会社クラウドワークスが2015年から運営しているエージェントです。東京以外にも大阪や福岡に地方事務所があるため、関西地方や九州地方の案件も受注できます。

大手クラウドソーシングサービスと同じ運営元で登録企業が14万社にも及ぶため、案件数や種類は非常に多いです。リモート案件や常駐案件、準常駐案件などに対応しています。

また案件探しの速さでも評判があり、登録から最速3日で案件参画した事例があるほどです。他にスキルの高さによって半年間報酬が1%増しになる制度もあります。

福利厚生も非常に手厚く、家事代行サービスやベビーシッターのサービス、健康診断などが豊富です。所得補償制度もあるため、なおさら安心して仕事できます。

\簡単5分で登録/

クラウドテックの評判や口コミを調べてみた

Webデザイナーにおすすめのフリーランスエージェント4つ

フリーランスエージェントには、ITエンジニア向け以外にもWebデザイナー向けの業者もあります。特にWebデザイナーにおすすめのエージェントが、以下に挙げられる4つです。

Workship

Workship

Workship(ワークシップ)は、株式会社GIGが2018年から運営しているエージェントです。リモート案件が豊富である他、出勤日が週1日のみという案件もある点で人気があります。

また案件を発注する企業もベンチャー企業から大手企業まで多様です。自分の希望条件に合わせて案件を探しやすいでしょう。ただし全体の案件数が大手より少ない傾向にあります。

利用者へのフォローも充実しており、技術セミナーや勉強会などスキルアップの機会が豊富です。加えて報酬の前払いや成約時のお祝い金のようなお金関係のフォローもあります。

働き方や希望条件に合わせて案件探しをしたい人におすすめです。

\簡単5分で登録/

Workshipの評判や口コミを調べてみた

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター

レバテックフリーランスと同じくレバテック株式会社が運営しています。初心者でも受注できる案件もあるため、スキルや経験に自信がない人でも安心です。

案件数は常時1,000件以上あるため、希望条件に合うものを探しやすくなっています。単価については50~60万円のものも多く、Webデザイナー向けエージェントでは高めです。

アドバイザーによるサポートも高い評判があり、面談の質が高くアフターフォローも充実しているために安心できます。対面での相談の機会もある点も魅力です。

\簡単5分で登録/

DYMテック

DYMテック

DYMテックは株式会社DYMキャリアが運営しており、約5,500社のクライアント企業があります。クライアント企業は大手や中小企業などがあり、様々な条件で案件が探しやすいです。

直請け案件や直請けに近い案件が多くある分、単価も比較的高い傾向にあります。月収だけで70万円上昇した事例もあるため、安定収入や高単価案件にこだわりたい人向けです。

加えてアドバイザーもフリーランス業界に深い知識を持っています。案件のことだけではなく、フリーランスの働き方やキャリアプランでの相談にも十分対応できるでしょう。

\簡単5分で登録/

DYMテックの評判や口コミを調べてみた

クリエイターズマッチ

クリエイターズマッチ

株式会社クリエイターズマッチが運営するエージェントです。利用するには登録直後に試験を受け、合格する必要があります。難易度は高いものの何度でも受けられる試験です。

試験を突破する必要がある一方、案件の報酬は非常に高くなっています。クライアントに大手の広告代理店などがいる分、比較的専門的な仕事や高収入が期待できるでしょう。

また案件数も大手企業と取引がある分、豊富に揃っています。試験で高いスキルや専門性さえ証明できれば、かなり高めの収入や安定的な案件が期待できるエージェントです。

\簡単5分で登録/

フリーランスエージェントを活用する際の注意点3つ

収入が安定したり、自分で営業する手間が省けたりするフリーランスエージェントは使いやすい一方、注意すべき点もあります。

注意すべき点は、合わない担当者は変更する点や自分で判断する点など以下の3つです。

担当者と合わない場合は変更してもらう

まず利用していて担当者と合わない場合は変更してもらった方が良いでしょう。担当者は案件探しや事務代行など様々な点でエージェント利用者の相方と言える存在であるためです。

もし担当者を信用できなければ、エージェント経由の仕事に支障をきたします。特に案件探しなどでコミュニケーションが取れない場合は収入にも関わるでしょう。

加えて案件で何らかのトラブルが発生した際に担当者との連携できていない場合、自分が納得できるような形で解決しない場合もあるでしょう。

気持ち良くエージェントの利用や受注した仕事ができるようにするためにも、担当者が合わない場合はなるべく早めに変更依頼するべきと言えます。

エージェントに任せきりにせず自分で判断する

また案件探しの際はエージェントに任せきりにしないことも重要です。実際に条件に合う案件の提案や単価交渉はエージェントが行うものの、最終的には自分で決めるべきでしょう。

あまり業者に任せきりにしすぎると、契約時に案件の内容を確認しなかったために、受注後に悔やむことにもなります。

納得の上で受注したり、余計なトラブルを避けたりできるように、自分で案件内容の確認や判断をする癖を付けるべきです。気になる点などあれば遠慮なく質問するべきでしょう。

ネットの評判は過信しない

さらにネット上で見かけるエージェントの評判は過信するべきではありません。特にネガティブな内容の口コミは、過去の利用者が不満を大げさに書いている場合があるためです。

逆に利用したエージェントに対して過大評価している口コミもあります。いずれにせよ、大げさな内容の口コミは正確な判断の妨げになりかねません。

評判や口コミはあくまでも参考にする程度に留めると良いでしょう。そして自分が興味のあるエージェントは遠慮なく登録するのがおすすめです。

もちろん評判や口コミで気になるような内容を見かけた場合は、担当者に質問をぶつけるのもおすすめでしょう。

フリーランスエージェントで受注するまでの6ステップ

フリーランスエージェントに登録する際は、前もって案件受注までの流れを一通り押さえておくのがおすすめでしょう。基本的な流れは以下の6ステップです。

エージェントへの登録

まず利用したいと思うエージェントに登録します。公式サイトの新規登録ボタンから登録フォームに入り、名前や生年月日、経験年数など必要な情報を入力する流れです。

入力後に送信すると、エージェントから確認メールが届きます。そして数日以内に電話やメールで担当者から連絡が来て、初回面談の日程を連絡されるのが一般的です。

初回面談

初回面談では担当者からエージェントで扱うサービスの説明や、希望条件・スキルなどのヒアリングがされます。面談の時間は30分から1時間程度です。

なお最初はアイスブレイクとして担当者と雑談するため、あまり緊張する必要がありません。

面談は対面以外にも、エージェントによってオンラインでのチャットや電話で行われる場合もあります。

面談の場所

担当者との面談が行われる場所もエージェントにより様々です。エージェントの事務所で行われる場合もあれば、カフェやコワーキングスペースで話すケースもあります。

なおカフェやコワーキングスペースで話すケースは、自分の希望で実現するケースも多いです。事務所での面談に抵抗がある場合はカフェなどで話したい旨を伝えると良いでしょう。

持ち物・服装

担当者との面談とはいえ、用意するべき持ち物や服装が気になる人もいますよね。まず持ち物は筆記用具やメモ帳、職務経歴書、身分証、パソコンです。

特に身分証は大手のエージェントで面談を行う際に必ず必要であるため、忘れないようにします。

服装については特に指定はありません。清潔感をアピールできる、リラックスしやすい服装が良いでしょう。

ただ案件によってスーツを指定される場合は、必ずスーツを着用するべきです。特に金融関係の案件など信用性をアピールするべき場合はなおさら注意が必要でしょう。

案件の提案

初回面談から1週間以内で、担当者から希望条件やスキルなどに合う案件を提案されます。もし参加したい案件や気になる案件があれば、面接を受けたい旨を伝えると良いでしょう。

しかし自分に合う案件がなさそうな場合は担当者に相談し、希望条件も調整して再度提案してもらうべきです。

案件の面接

面接を受けることになった場合は、まずエージェントが日程調整し、実際に面接を行う日を決めます。そして事前に担当者が面接を乗り切るためにアドバイスするのが一般的です。

当日は案件発注者に実績ややる気をアピールします。エージェント担当者も同席して適宜フォローするため、あまり心配する必要はありません。

条件の調整・契約

面接が終わり、企業側から契約の話が来れば契約交渉に移ります。企業の姿勢や案件の内容に異存がなければ、晴れて契約締結です。

もし企業に良い感情を持てなかったり、案件への気持ちが弱くなったりした場合は断ることもできます。もし条件の擦り合わせが必要であれば、遠慮なく担当者に伝えるべきです。

なお契約に同意した後、数日程度で担当者から契約締結の結果が伝えられます。

案件への参画

双方の契約が締結されれば、決められた稼働開始日から業務開始です。特に常駐案件などのような事業所に出向する案件の場合は、初日にやる気をアピールすると良いでしょう。

実際に働いてみて気になる点や不満がある場合は、早急に担当者に伝えます。担当者が間に入って企業と交渉してくれるでしょう。

なお気になる点などは問題が大きくなる前に早めに伝えるべきです。我慢など放置すると大きな問題に発展し、今後の仕事にも影響する場合もあります。

まとめ

今回はフリーランスエージェントについて、おすすめの業者とともに詳しく見てきました。フリーランスエージェントは高報酬案件や事務作業の省力化などメリットが多いです。

また実際にエージェントを選ぶ際は、複数登録や担当者の質に注目するなどポイントを意識すると良いでしょう。直請けへの近さや支払いサイトなどお金関係もチェックします。

登録から案件を受注する流れも重要です。担当者に希望条件や実績を伝える初回面談は持ち物や服装で注意点もあるため、事前に良く確認するべきと言えます。

選ぶべき業者には、ITエンジニア向けであればレバテックフリーランスやMidworksなど8つ、Webデザイナー向けであればWorkshipなど4つがおすすめでしょう。

そしてエージェントを利用する際は、判断などを任せきりにしたりネット上の口コミを過信したりしないことが大切です。自分で情報などを良く吟味して決めるべきでしょう。

フリーランスエージェントはうまく利用すれば、安定収入が見込める点や時間に余裕ができる点でメリットが豊富です。自分に合う案件を受注できるように活用すると良いでしょう。

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
最後になりますが、私が運営している横浜のフリーランス向けシェアハウス「リバ邸セカイ」では、フリーランスのサポートを行っております。

「環境を変えたい」「スキルを身につけたい」と感じている人は是非リバ邸セカイの公式LINEにて気軽にご相談下さい。