ニートやフリーター

ニートを脱出したい!ニートの就職活動のポイントを解説

今現在ニートとして生活している人の中には、「このままじゃダメだ」「ニートを抜け出したい」と考えている人も少なくないのではないでしょうか。この記事では、ニートを脱出したいという人に向けて、ニート脱出のためになにができるのか、具体的な手段や利用できるサーボスなどについて解説します。ニートは脱出したいけど、何から始めればいいのかわからない、という人はぜひ参考にしてみて下さい。

ニートを脱出するきっかけは?

今まさにニート、という人は何がきっかけとなってニートを脱出しようと思ったのでしょうか。ここでは、ニートを脱出しようと決意したきっかけについて解説します。

親の収入が減った・病気をした

ニートの中には、親からの金銭的な援助を受けて生活している人も少なくありません。親が働いている間は問題ないかもしれませんが、親が定年退職した、怪我や病気によって働けなくなったなど、収入が減ってしまうと生活できなくなる恐れがあります。そういった事態に直面してニートを脱出して自分で稼ごう、家族を助けよう、と考える人は少なくないはずです。

このままじゃダメだと気付いた

ニートとして生活していると、何もすることがないため、様々なことを考えます。これからのこと、家族のこと、自分自身のことなど挙げればきりがありません。様々なことを考えている中で、ふと「このままじゃダメだ」と直感的に感じることは少なくありません。そこから、ニートを脱出しようと決断する人もいるでしょう。

同級生を見て焦った

年齢にもよりますが、ニートの友人や知人が既に結婚し、家庭を持ち、会社では部下を持っている、というケースはよくあります。このような状況を目の当たりにすると、ニートでいる自分が恥ずかしくなり、なんとかしようと思ってニート脱出を考える人もいるでしょう。

ニートを脱出するためにできること

ここでは、ニートを脱出するための第一歩としてできることについて解説しています。決して難しいことではないので、できることから取り組んでみて下さい。

生活習慣を正す

ニートを脱出するためには、生活習慣を正すことが重要です。現在ニートの人の中には、昼夜逆転の生活を送っている人も少なくないでしょう。しかし社会に出ると、一部の企業を除き、基本的には朝出勤して日中は働き、夜帰宅して眠るという生活になります。そのため、朝起きて1日をスタートするという生活リズムを作っておく必要があります。少しずつ就寝時間、起床時間をずらすなどして規則正しい生活を取り戻すようにしましょう。

身だしなみを整える

社会に出て働く上で、身だしなみを整えることは基本的なマナーです。ニートの中には、髭を剃っていない、髪を切っていない、お風呂に入るのは2日に1回といった人もいるのではないでしょうか。このような状態だと、初めて会う人からの印象も悪くなります。社会に出て働くためにも、身だしなみを整えるようにしましょう。身だしなみが整う気分も良くなるので、就職活動に対する意欲も湧いてくるかもしれません。

人と会うようにする

ニートの中には、家族以外の人とほとんど会っていない、という人も少なくないでしょう。長い間、人とあわず会話を交わしていないと、いざ話すことになった時に、思ったように言葉が出てこない、声が出ない、といった事態に陥る可能性があります。そのため、少しずつ人に会うように心掛けて下さい。友人・知人に会うのは勿論ですが、スーパーで買い物をする時に「こんにちは」「ありがとうございます」と声をかけるのもおすすめです。

体を動かす

ニート生活を続けていると、外出の機会が減り運動不足に陥っている人もいるはずです。また社会に出て働くためには、多少の体力も必要です。そのため、少しずつ体を動かすようにしましょう。運動をすると、セロトニンと呼ばれる幸せホルモンが分泌されます。そのため、気分的にも前向きになれるでしょう。

ニートを脱出する手段

ここでは、ニートを脱出する手段について解説します。ニートを脱出する方法は様々です。自分に合ったものを選んで取り組んでみて下さい。

就職活動をする

ニートを脱出しようとしている人がまず考えるのが、就職活動ではないでしょうか。正社員になれば、フルタイム勤務となりますが、安定した収入が得られるので、自立できるのは勿論、家にお金を入れることもできるでしょう。

アルバイトから始めてみる

ニートがいきなり正社員になってフルタイムで働くのは、身体的にも精神的にも大きな負担になります。そのため、まずはアルバイトから始めてみるのも、1つの方法です。アルバイトはシフト勤務であることが多いため、勤務日数や時間を調整することができます。またアルバイトによっては仕事内容が比較的簡単なものもあるので、仕事に慣れていない人でも働き始めやすいと言えるでしょう。さらに、正社員登用のあるアルバイトもあるので、アルバイトで経験を積んで正社員を目指す、といった形をとることもできます。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、仕事の受注・発注が行えるプラトフォームのようなもので、多くの仕事はインターネット環境があればできるため、自宅で働くことも可能です。仕事内容は多岐にわたり、初心者でも受注できる仕事も少なくありません。直接人と会うことも基本的にはないので、人と話すのは緊張してしまう、という人におすすめです。

ニートが就職活動の際に利用できるサービス

ニートが就職活動をするにあたっては、様々なサービスを利用することができます。ここでは、その主なサービスについて解説します。

ハローワーク

ハローワークとは、職業紹介を行ってくれる公的な機関で、全国各地に存在しています。求職者、企業ともに無料で利用できるのが特徴で、幅広いジャンルの求人を扱っています。また職員に就職活動に関する相談も行えるので、何をすればいいのかわからない、という人はまずハローワークに行ってみるといいでしょう。ハローワークでは、職業紹介以外にも職業訓練や各種セミナーなども行っています。

求人サイト

求人サイトは、その名の通り、求人を掲載しているWebサイトのことです。利用者は、求人の検索・閲覧・応募などを行うことができます。インターネットがあれば利用できるサービスなので、24時間いつでも仕事探しができ、気になった求人も簡単に応募できるなど、その気軽さが大きな特徴だと言えるでしょう。大手の求人サイトになると、扱う求人の数も膨大なので、興味のある求人を見つけることができるはずです。

就職エージェント

就職エージェントとは、職業紹介や就職活動のサポートを行ってくれる民間のサービスです。民間サービスではありますが、成果報酬型のビジネスとなっているので、基本的に求職者は無料で利用することができます。就職エージェントでは、職業紹介の他にも、面接対策や書類添削、さらには企業との条件面の交渉などを行ってくれます。また企業のホームページや求人サイトには掲載れていない情報を持っているケースもあります。利用時には面談を行いこれまでの経験や興味のあることを伝えることになるので、自分に合った仕事を紹介して貰えるでしょう。

おすすめの就職エージェント

ここでは、ニートを脱出したい、と考える人におすすめのエージェントを2つ紹介します。

キャリアスタート

キャリアスタートは、ニートやフリーターを対象としている専門のエージェントです。就職するだけでなく、その後の長期的なキャリアを踏まえてスキルが身につく求人を提案してくれるのが強みです。企業に関しては、事前に待遇や職場環境の調査を行っているため、入社後にギャップを感じるといったケースも少なくなっています。面接練習も徹底的に行って貰えるので、面接が苦手な人にもおすすめです。

ウズキャリ

ウズキャリは、既卒や第二新卒、さらにはニートなどを対象としてサービスを提供しています。利用者一人ひとりの希望に応じたオーダーメイドの就職サポートを行っており、これまでの経歴や希望条件は勿論のこと、その人の性格や人となり、仕事に対する本音なども踏まえたうえで職業紹介を行ってくれます。カウンセリングに費やす時間は長くなっていますが、その分自分に合った企業を提案してくれるのが特徴です。

就職活動の際のポイント

最後に、実際に就職活動を行う際のポイントについて解説します。空白期間のあるニートだからこそ、就職活動にあたっての事前準備はしっかりと行う必要があります。

自己分析・企業分析はしっかり行う

就職活動にあたっては、自己分析や企業分析は欠かせません。これがしっかりできていないと、せっかく採用されたにも関わらず、ミスマッチが起こりすぐに退職、ニートに逆戻りという結果になりかねません。
これまで、自分はどのようなことをしてきたのか、どんなことに興味があるのか、何が得意で何が苦手なのか、など自分のこれまでの人生を徹底的に深掘りしてみて下さい。そうすると、自分がどのような仕事に興味があるのか、自分のスキルや特徴を活かせる職種はなんなのか、といったことが見えてくるはずです。
また企業分析に関しては、その企業の理念や強み、事業内容、事業戦略、などを調べたうえで、どういった人材を求めているのか、自分ならどのように企業に対して貢献できそうか、といったことを考えてみて下さい。

条件を高望みしすぎない

給与や休暇、勤務場所など仕事に対する希望条件を持っている人は少なくないはずです。しかし最初から条件を絞りすぎていると、選択肢が少なくなります。ましてやニートという状況を考えると、選択肢を減らすことは避けたほうがいいでしょう。求人を探すには、絶対に譲れない条件と、希望する条件を把握し、優先順位をつけていくようにして下さい。また必要に応じて条件面での妥協をすることもあることを理解しておきましょう。

まとめ

今回は、ニートを脱出するためにできることや利用できるサービス、就職活動のポイントなどについて解説しました。ニートを脱出しようと決断するきっかけは人それぞれですが、決断したらすぐに動き始めましょう。1人で就職活動をするのは大変なので、必要に応じて今回紹介したようなサービスも利用してみて下さい。