フリーランスの基礎知識

フリーランスと派遣・契約社員の違いは?それぞれの特徴を徹底解説

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。
  • 会社員は嫌だからフリーランスか派遣・契約社員になりたい
  • 自由に働くならフリーランスか派遣社員のどちらが良いか分からない
  • 会社員とフリーランスや派遣・契約社員の違いを知りたい

こんな疑問に答えます。

これから会社員としての働く人が少なくなるでしょう。その代わりに増えると予測されているのが、フリーランスです。

また、フリーランスとよく比べられる働き方に、派遣・契約社員があります。

 

この記事では、フリーランスと派遣・契約社員の違いと、双方のメリットとデメリットを解説していきます。

これから会社員としての働き方に疑問を持っている方は必見です。

フリーランスと派遣・契約社員の定義

まずはフリーランスと派遣社員の定義を解説していきます。

働き方が似ていると言われていますが、定義は全く異なるのでご覧下さい。

フリーランスの定義

フリーランスの定義は、会社や団体に属さないで、案件ごとに契約を結ぶ働き方を行う人のことを指します。

会社員のように与えられた仕事をするわけではなく、自分から仕事を取りに行かないといけないので仕事が安定しないことも珍しくありません。

また税金などの手続きも全て自分で行う必要があるので、様々な知識が必要になるでしょう。

派遣・契約社員の定義

契約・派遣社員は、会社に属している働き方になります。

会社と契約するという面では会社員と一緒ですが、違いは契約内容にあります。

会社員は無期雇用となっていますが、契約・派遣社員は雇用期間が定められているので長期間で働くことができません。

契約を結び続けることができれば働くことができますが、平均で1〜3年で契約を切られることが多いようです。

フリーランスと派遣・契約社員の6つの違い

フリーランスと派遣・契約社員の定義を理解したところで、違いについて解説していきます。

色んな違いがありますが、大きく6つあるのでご覧下さい。

収入の増え方

フリーランスと派遣・契約社員の大きな違いは、収入の増え方でしょう。

フリーランスは案件ごとの契約なので、一気に何件でも仕事を回すことができます。

10万円の案件を5つ回せば50万円になりますし、10つ回せば100万円にすることも可能です。

一方で派遣・契約社員の場合は会社と契約することになるので、給料は決められています。会社員と給料はほとんど変わらないので、収入は上がりません。

収入を増やしていくのであれば、確実にフリーランスを選ぶべきでしょう。

個人事業主になるには?フリーランスとの違いや脱サラの準備について解説 近年では会社員以外の様々な働き方で仕事をする人も多くなってきました。様々な働き方の中でも自ら事業を運営するのが個人事業主です。 ...

仕事が安定するかどうか

フリーランスは仕事を自分で取りに行く必要があるので、仕事が安定しません。案件が終わると、新しい仕事を探しに行く必要があります。

仕事を取れなければ収入が無くなるので、安定しているとは言えないでしょう。

派遣・契約社員は会社員に比べて契約期間が短いですが、その間は仕事が安定します。

契約解消をされなければ、与えられた仕事を回すだけで一定の収入を得ることが可能です。

安定して仕事を獲得したいと考えているのであれば、契約・派遣社員の方がおすすめです。

最も安定するのは会社員なので、安定で仕事を選んでいるなら派遣・契約社員より会社員の方が良いと思います。

税金周りの処理

フリーランスは、税金周りの処理を個人で行う必要があります。

知識がなければ自分でお金を払って、税理士さんに経理作業をお願いしないといけません。

契約・派遣社員の場合は。会社が税金周りの処理を行います。そのため経理作業を個人で行う必要がないので、面倒がありません。

ただ、フリーランスの方が収入を増やしていくことができるので、税理士さんに費用を払っても最終的にフリーランスの方が稼げているケースも多いです。

フリーランスが支払うべき税金は?対策方法や経費の種類も解説 フリーランスが払わないといけない税金が分からない… 脱税にならない、法律に従った税金対策を知りたい 何を経費...

会社との雇用形態

フリーランスは、会社と案件ごとに契約をします。

例えばWeb制作の案件を獲得すれば、その仕事が終われば契約は終わりです。

会社員は案件ごとではなく期間での契約になるので、契約中の期間は仕事をすることができます。

雇用形態が違うので、働き方も大きく変わります。理解しておきましょう。

 

働き方の自由度

フリーランスは案件を納品すれば、他は何をやっていても問題ありません。会社に出勤するということもないので、本当に自由度が高いです。

契約・派遣社員は、会社員と同じように出勤する必要があります。勿論決められた時間内は働かないといけないので、自由度は低いと言えるでしょう。

自由度で仕事を選ぶのであれば、フリーランスをおすすめします。

時間・場所が自由なノマドワーカーとは?メリットや持ち物も紹介 最近ではカフェやコワーキングスペースで時間・場所に関係なく仕事するノマドワーカーが多いです。ノマドワーカーを見るとパソコン片手で...

交流の広がり方

フリーランスは、チームを組まない限り個人での作業になります。そのため仕事によって交流が広がる機会は、ほとんどありません。

仕事を発注してくれる会社の人と仲良くなって交流が広がることはありますが、気を使って仲良くなるのは難しいでしょう。

契約・派遣社員は、会社に属して働くので同僚と仲良くなりやすいです。

社員旅行などに行ける場合もあるので、交流は広がるでしょう。

交流を広げていきたいと考えているのであれば、契約・派遣社員の方が良いですね。

フリーランスに向いている人の特徴4選

フリーランスと派遣・契約社員の違いを知って頂いたところで、それぞれに向いている人を解説していきます。

まずはフリーランスに向いている人をご覧下さい。

収入を大幅に増やしたい人

収入を増やしたいと考えている人は、迷わずにフリーランスを選びましょう。

会社員のように属している企業に収入を決められることなく、働いた分だけ収入を増やすことができます。

経験と実績が増えてこれば、単価も上がって同じ作業量で収入を大きく変えることも可能です。

営業などに自信がある人

フリーランスは派遣・契約社員のように仕事を与えられることはありません。

自分で仕事を探して取りにいく必要があるので、営業力が必須になります。

フリーランスが最も悩むポイントは、仕事の獲得です。仕事を取れなければ収入は無いので、悩むポイントになるのは仕方ないですね。

営業力がある人は仕事に困ることなく収入は跳ね上がるので、フリーランスという働き方は非常におすすめです。

「フリーランスになりたいけど、直接話すのが苦手で営業に自信がありません。」

こんな悩みを持っている人は、インバウンド営業をおすすめします。

インバウンド営業とは、メールや電話を使っての営業なので直接会う必要がありません。

もちろん話すのが得意な人は、直接会いに行って営業するのも戦略の一つでしょう。

営業にも色々あるので、自分に合う方法でやれば問題ありません。

フリーランスに不可欠な営業のやり方を解説!営業代行や本も紹介 フリーランスは会社員と異なり自らの力で仕事を得なければ続かないため、営業は不可欠です。逆にきちんと営業ができれば、案件も継続して...

会社が嫌で自由に働きたい人

会社は、決められた時間に出勤して退勤するような働き方なので、自由度が低いと言えます。

好きな時に休むこともできないので、会社員で自由に働くのは不可能です。

フリーランスであれば好きな時間に働くことができるので、自由度が非常に高いです。

仕事がしんどいのであれば受注する量を減らすこともできます。ただ仕事量を減らしたら収入も減るので、注意して下さい。

人間関係が面倒な人

人間関係が面倒だと考えている人は、個人で活動できるフリーランスがおすすめです。

会社員のようにチームでプレーする必要がないので、人と関わる機会はほとんどありません。

営業の際に取引先と関わる機会はありますが、メールや電話などで対応すれば直接会う必要もないので安心してください。

派遣・契約社員に向いている人の特徴3選

それでは、派遣・契約社員に向いている人を解説していきます。

安定が欲しい

安定が欲しい人は、派遣・契約社員をおすすめします。

フリーランスは仕事が安定しない可能性があるので、収入が上がらなくても良いのであれば派遣・契約社員が良いです。

ただ先ほども書いたように、安定を選ぶのであれば会社員を選んだ方が良いでしょう。

会社員は無期契約になり企業もリストラを行いにくいですが、派遣社員は短い契約期間で切られてしまう可能性があります。

契約が終われば新しい企業を探さないといけないので大変ですし、歳を重ねるにつれて派遣でも採用されなくなるので、最も安定するのは会社員というのを理解しておいて下さい。

税金などの処理をしたくない

税金などの処理をしたくないのであれば、会社が全て請け負ってくれる契約・派遣社員がおすすめです。

ただフリーランスになっても、税理士に任せれば何もしなくて良いので気にする必要はあまりありません。

「フリーランスになりたいけど、税理士を雇う余裕がない…」

上記のようなことに悩んでいるのであれば、会計ソフトの利用をすれば問題ないでしょう。

「freee」と「MFクラウド」という会計ソフトを使えば、簿記の知識がない人でも日々の経理作業や確定申告を簡単に行うことが可能です。

税理士さんを雇わなくても経理作業や確定申告ができる時代になっているので、そこは安心して下さい。

クラウド会計ソフトfreeeの評判と口コミは?【確定申告が簡単】 簿記の知識がなくても問題ない会計ソフトを知りたい freeeの評判や口コミを知りたい 確定申告が面倒で毎年慌...
MFクラウドの評判と口コミは?メリットとデメリットを徹底解説 日々の経理作業に苦労している MFクラウドについて知りたい 会計ソフトの導入を考えているけど、おすすめが分か...

人間関係を構築したい人

人と交流を深めたいのであれば、派遣・契約社員をおすすめします。

派遣・契約社員だと色んな企業で働くことになるので、必然的に人と関わる機会が増えるでしょう。

フリーランスだと個人で仕事を請け負うので、関わる人は少なくなります。

色んな人とコミュニケーションを取れる機会が多い派遣・契約社員になった方が、人間関係を構築できる可能性が広がるでしょう。

まとめ

本記事では、フリーランスと派遣・契約社員の違いを纏めました。よく一緒のように捉えられていますが、全く違うので理解して下さい。

会社員を辞めたいと考えている人は、この記事を読んで違いを把握してから、どちらが良いのか選びましょう。

私は派遣社員かフリーランスであれば、フリーランスをおすすめします。会社員と派遣社員は、働き方がほとんど変わらないので会社を辞めるメリットはほとんどありません。

働き方や収入を変えたいのであれば、リスクを取ってフリーランスになりましょう。

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
最後になりますが、私が運営している横浜のフリーランス向けシェアハウス「リバ邸セカイ」では、フリーランスのサポートを行っております。

「環境を変えたい」「スキルを身につけたい」と感じている人は是非リバ邸セカイの公式LINEにて気軽にご相談下さい。