フリーランスの仕事

フリーランスコンサルタントになるには?年収・仕事のやり方を解説

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。

このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

webコンテンツが求められている中、webコンテンツにアドバイスをするコンサルタントの力も求められています。

中でも高いスキルを持つフリーランスのコンサルタントは、様々な案件で求められることが多くなる可能性があります。

本記事ではフリーランスのwebコンサルトになり方、年収、仕事の獲得方法を紹介します。

フリーランスコンサルタントとは

フリーランスのコンサルタントとは、企業と同様の仕事をフリーランスで行います。

様々な企業に対して経営戦略、システム導入の女件、案件、PMOなど、コンサルタントによって様々です。

フリーランスのコンサルタントは会社員ではないため、様々な企業と取引が可能で、自由な仕事が実現可能です。

フリーランスコンサルタントの年収

フリーランスのコンサルタントの年収はどの程度稼ぐことが可能なのでしょうか。

会社員のコンサルタントと比較しながら紹介していきましょう。

会社員のコンサルタントの年収

会社員のコンサルタントの年収は、年齢やキャリアによって異なります。

コンサルタントのエージェントサービス「consultant転職」によると、次のようになります。

20代〜30代までの若手コンサルタントであれば、700万円〜800万円の年収が一般的です。

30代を超えたコンサルタントは、年収900万円以上稼ぐことも可能でしょう。

コンサルタントは会社員としても活躍をしても比較的高い年収を得ることが可能と言えます。

フリーランスコンサルタントの年収

一方でフリーランスのコンサルタントの年収はどうでしょうか。

具体的な数字は提示されていませんが、フリーランスのコンサルタントの案件では1800万円と高額な報酬を提示する案件も存在します。

稼げないフリーランスのコンサルタントでも、会社員のコンサルタント並みの報酬を得ることができ、2,000万円稼ぐことも可能です。

会社員で実績が豊富でスキルの高いコンサルタントの方は、フリーランスに転身しても1年目から年収1,000万円以上稼ぐことも難しいことではありません。

フリーランスコンサルタントのなる方法

フリーランスコンサルタントのなり方は大きく分けて3つの方法があります。

3つの方法を紹介していきましょう。

会社員として経験を積む

堅実にフリーランスコンサルタントに転身したい方は、会社員として経験を積む方法がおすすめです。

コンサルタントは、企業に対して助言をするのが主な仕事なので、経験がないと企業側から信用を得られない可能性があります。

企業で経験を積めば、過去にどのような仕事に携わっていたのか依頼側も知ることができ、依頼側も安心できます。

コンサルタントの仕事の流れや、気をつけるべきこと、学ばなくてはいけないことなど、コンサルタントに最低限必要な知識を実践形式で学ぶことが可能です。

コンサルタントの知識を実践的に身につけたい方は、会社員として経験を積み必要な知識を身につけるようにしましょう。

スクールに通う

コンサルタントを養成するスクールに通い必要なスキルを身につける方法があります。

スクールに通うメリットは、短期間で必要な知識を学ぶことが可能です。

さらにスクールによっては、仕事を斡旋して貰えることもあります。

コンサルタントのスクールは仕事帰りに通うことが可能な夜間スクールや、オンラインスクールなど様々な形態のスクールがあります。

過去の実績や、講師の知名度から判断をして、通うべきスクールをリサーチできると良いですね。

独学でコンサルタントの勉強をする

webコンサルタントであれば、経営コンサルタントや、就職活動を支援するキャリアコンサルトのように資格が必要ではありません。独学でなることが可能です。

独学でなる際は、SEO対策、MEO対策がある程度できるように学習をしましょう。

ただし、SEO、MEOなどの対策方法や分析は、コンサルタントに必要な基礎的な知識と言えます。

分析力や提案力も求められるでしょう。独学で基礎知識やスキルを身につけても、必ず仕事をすぐに貰える訳ではありません。

そこで、独学でコンサルタントになる場合は、以下のことに気をつけましょう。

  • なりたいコンサルタントの具体像をイメージする
  • 仕事を獲得するための方法を検討する
  • 業界の研究を行う

しっかりと研究した上でフリーランスとして独立するようにしましょう。

フリーランスコンサルタントの案件獲得の方法

フリーランスコンサルタントはどのような方法で案件を獲得すればよいでしょうか。

フリーランスコンサルタントが案件を獲得する方法を解説していきます。

クラウドソーシングサイトを利用

クラウドソーシングサイトでは、コンサルタントに案件を募集していることもあります。

依頼内容も、経営戦略だけでなく、集客、コンテンツ作りのアドバイス、システムの提案など多岐に渡り募集があります。

実績のあるコンサルタントの方であれば、クラウドソーシングサイトを足がかりにして複数の仕事と取引を増やしていくことも可能です。

キャリアの浅いコンサルタントでも、案件をこなしていけば、コンサルタントとしての経験を得ることも可能です。

実績をこれから積み上げたいと検討している方は、クラウドソーシングサイトを検討しましょう。

エージェントの利用

案件を安定的に獲得したい方は、クラウドソーシングサイトだけでなく、エージェント利用することで案件を獲得していきましょう。

エージェントは様々な企業との繋がりがあるため、コンサルタントとして横の繋がりが無くても仕事を紹介して貰える可能性があります。

エージェントのよいところは、企業との相性を見て案件を紹介して貰えるところです。

キャリアがなくても、自分の得意分野の案件を紹介して貰える可能性があるため、実績にも繋がります。

実績がある程度ある方は、取引先の企業や案件の数からエージェントを検討して下さい。

見込み客への営業

webページを作りたい、企業経営を軌道に乗せたいなど、企業は何らかの問題を抱えています。

コンサルタントを入れてビジネスを成功させたいと考えている人たちに向けて営業をかけると案件に繋がる可能性があります。

見込み客への営業をかけるためには、横の繋がりを構築し情報収集をすることが大切です。

コンサルタントとしての実績や、人脈をある程度構築しているのであれば、見込み客への営業は効果的です。

積極的に営業をかけるようにしましょう。

SNS・ブログによる集客

webページのアクセス数を増やしたい、YouTube動画再生を改善したいと検討している企業は多くあります。

コンサルタントを求めている担当者に知って貰うために、SNSやブログによる情報発信は効果的なアプローチと言えるでしょう。

SNSやブログで定期的にノウハウを発信していると、依頼が舞い込む可能性があります。

SNSやブログもコンサルタントにとっては貴重な営業ツールなので、積極的に行うようにしましょう。

WordPress(ワードプレス)でブログを始める時の全手順【初心者必見】 WordPressでブログを開設する方法が分からない… ブログ初心者で、WordPressブログを作れるか不安… ...

年収を上げるために必要なこと

フリーランスのコンサルトで年収を上げるためにはやるべきことがあります。

年収を少しでもあげたいという方は、以下の項目を実践していきましょう。

分析力・提案力のスキルを伸ばす

コンサルタントとして最も求められることは、分析力と提案力です。

分析力や提案力のスキルが不足しているコンサルタントは案件を獲得できても、次の仕事に繋がらない可能性があります。

分析力と提案力を磨くためには、書籍などから知識を得るだけでなく実践的な分析や提案力も必要です。

案件をこなした後は自分の仕事内容を自分なりにフィードバックし、スキルアップの参考にしましょう。

分析力や提案力を養うためにも、日頃から考える週間を身につける必要があります。

例えば日経新聞に紹介されている企業を「自分がコンサルタントとして提案するならどのような提案を行うのか」と日々考えることが大切です。

人脈を構築する

フリーランスのコンサルタントは人脈が大切です。

人脈が構築されていれば、様々な案件に獲得できる可能性があります。

クラウドソーシングやエージェント利用で知り合った企業担当者で今後も仕事に繋がりそうだと判断した場合は、積極的良好な関係を築くようにしましょう。

企業担当者との繋がりを構築するだけでなく、コンサルタントどうしの繋がりも構築しましょう。コンサルタントとの繋がりがあると、企業動向や最新の業界情報の入手が可能です。

異業種交流会に顔を出すと、様々な業種の人たちと繋がることが可能になるので積極的に参加してみると良いですよ。

得意分野を作る

一言でコンサルタントといっても、ITコンサルタント、キャリアコンサルタルト、経営コンサルタントとには様々な分野があります。

ここからある程度のジャンルを絞るだけでなく、さらに細分化して、自分の得意な分野を作りましょう。

例えば、YouTubeの動画再生数を向上させるのが得意という方は、YouTubeに関する依頼が多く殺到し、営業をかけられやすくなります。

得意な分野を作り営業をしやすい環境を作りましょう。

顧客を増やす

フリーランスコンサルタントして安定かつ年収を稼ぐためには、顧客を継続的に増やしていくことが大切です。

固定した客から依頼を受けるだけでなく、毎月新規の顧客を作ることをイメージしながら案件獲得を行うように心掛けましょう。

資格を取得する

経験の浅いコンサルタントは実績豊富なコンサルタントに比べると依頼が貰えない可能性があります。

経験が浅くても仕事を依頼して貰えるよう、資格取得を積極的に行うようにしましょう。

資格を取得すれば、コンサルタントとしての信頼度が高くなります。

実績のあるコンサルタントの方で資格を取得していない場合は、資格取得をすると、さらに仕事が依頼する可能性があります。

自分の分野で取得すべき資格があれば資格を取得しましょう。

まとめ

フリーランスコンサルタントは、実績と経験があれば会社員のコンサルト以上に活躍が期待できる仕事です。

フリーランスコンサルタントを検討している方は、今回紹介した内容を参考にフリーランスコンサルタントを目指すよう