プログラミングスクール

CodeCamp(コードキャンプ)の評判と口コミは?メリットやデメリットを解説

  • CodeCamp(コードキャンプ)ってどんなサービス?
  • CodeCamp(コードキャンプ)のメリットは?
  • CodeCamp(コードキャンプ)の評判や口コミは?

こんな疑問に答えます。

プログラミングを学びたいと感じているものの「どのように勉強すれば良いか分からない」と感じている人は多いのではないでしょうか?

本記事では、プログラミングスクールの1つであるCodeCamp(コードキャンプ)の評判や口コミについて記事にしていきます。

この記事を読むことで、プログラミングを勉強する為の方法について、また1つ知識を増やすことができますよ。

CodeCamp(コードキャンプ)の基本情報

まずは、codecampの基本情報について解説します。

CodeCamp(コードキャンプ)とは

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCampは、コードキャンプ株式会社が運営しているプログラミングスクールです。

プログラミングをメインでレッスンしていますが、デザイン関連の講座もあるので幅広い分野を学習できます。

プログラミングスクールの中でも珍しいマンツーマンでのレッスンとなっています。

オンライン制を導入しているので地方や海外からでも利用できたり、時間を効率的に使用することが可能です。

正式な入校の前に無料レッスンを受けることができるため、そちらを受講してから入校を考慮すると良いでしょう。

CodeCamp(コードキャンプ)の会社情報

CodeCampの会社情報は下記の通りです。

会社名 コードキャンプ株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿7-22-35西新宿三晃ビル4階
設立年月日 2012年12月21日
公式HP https://codecamp.jp/

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判は?5つのメリット

CodeCampのメリットについて解説していきます。

オンラインでの受講スタイル

CodeCampはオンラインでの講義となっており、教室に通う必要がありません。そのため、在宅でもカフェからでも講座を受講できます。

新型コロナウイルスの影響を考えて、出来るだけ在宅で作業を進めたいと考えている人にも対応できるため、在宅でスキルを身に付けたい人におすすめです。

また、講座を受講できる時間帯も朝7~23時までと幅広い時間でレッスンを受けることができます。

どの時間でも講師とマンツーマンで受講することができるため、自分の生活スタイルに合わせて学習を進めることができるでしょう。

目的に応じたコース選びが可能

CodeCampで学習できるのはプログラミングだけではありません。

多種多様なコースがあり、自分が学習したいコースを選択することができます。

コースの種類は下記の通りです。

  • codecampGATE:20代のためのエンジニア転職プログラム
  • WEBマスターコース:未経験からのプログラミング
  • デザインマスターコース:未経験からのWebデザイン
  • アプリマスターコース:iOSやAndroidのアプリ開発に挑戦
  • WordPressコース:CMSやWordpressを使ったサイト制作
  • プレミアムプラスコース:マンツーマンでのレッスンが受け放題

プログラミング以外にもWebデザインを学習できるコースもあり、自分に適したコースを選んでいきましょう。

マンツーマン指導で細かく学習できる

CodeCampはマンツーマン指導が売りのプログラミングスクールです。

家庭教師のように講師とマンツーマンで講座を進めていく講義スタイルでその場で質問ができるため、1つの講義の満足度が高いです。

中々大人数の講義では質問がしにくいと感じる人も多いため、マンツーマン指導は効果的で言えるでしょう。

ただし、マンツーマンのレッスンの回数は契約プランによって変動します。

  • 2ヶ月プラン:20回
  • 4ヶ月プラン:40回
  • 6ヶ月プラン:60回
  • プレミアムプラスコース:制限なし

自分の契約プランで利用できるレッスンの回数は使い切って、より実りのあるレッスン時間にしましょう。

講座の料金がリーズナブル

CodeCampは講座の料金がリーズナブルなことで有名です。

Webマスターコースの料金プランは下記の通りです。

  • 2ヶ月プラン:148,000円
  • 4ヶ月プラン:248,000円
  • 6ヶ月プラン:298,000円

他のプログラミングスクールの料金を見ると、50万円前後かかってしまうスクールがあります。

30万円前後でマンツーマンの指導がついており、現場でも即戦力となれるカリキュラムを受けることができるので、おすすめのスクールです。

出来るだけコストを抑えてプログラミングを学習したい人は、一度無料レッスンを受講してみましょう。

大手企業の社員研修でも利用されている

CodeCampは大手企業の研修でも使用されています。

  • LINE
  • ガンホー
  • レコチョク
  • 家庭教師のトライ
  • アクサ生命

有名な企業で研修として利用されていることはそれだけ評判が高いことの証明でもあります。

評判の高さや実績はプログラミングスクールを選ぶ判断材料となるので、入校するスクールを選ぶ段階であれば見逃さないようにしましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判は?3つのデメリット

一方で、CodeCampにはデメリットも存在します。ここからはCodeCampのデメリットについて解説します。

積極的に動ける人でなければ厳しい

CodeCampのレッスンは自習形式でカリキュラムを黙々と進めていき、レッスンを予約して講師に質問をしていくスタイルです。

自習する力や課題を見つける力が必要になるので、疑問が気になりすぎる人や積極的に質問できない人にとっては、少し難しい環境です。

積極性のある人にとっては講師から様々な情報を引き出せると思うので、他のプログラミングスクールより効率的に学習を進めることができるでしょう。

オンライン講義なので仲間ができない

CodeCampはオンラインで完結するプログラミングスクールであるため、仲間はできにくいです。

CodeCampの講座スタイルは自分で学習を進めて、分からない問題が出たタイミングでマンツーマン指導を予約するという流れになります。

全て自分からアクションを起こす必要があるため、モチベーションが上がらない人はフェードアウトしてしまう可能性も高いです。

そんな時に仲間がいれば相談できますが、マンツーマン指導なので講師以外の人と話す機会は滅多にありません。

ただ、講師は指名できるので仲良くなれそうな講師の方を見つけて、モチベーションについて相談してみると良いでしょう。

同じ講師を予約できないことがある

CodeCampはマンツーマンでの講座が魅力のプログラミングスクールです。

マンツーマンする講師は予約制となっており、自分と相性の良い講師を選ぶことができます。

ただし、講師をレッスンごとに予約する必要があり、毎度予約することが億劫に感じる人も多いです。

人気のある講師はすぐに予約で埋まってしまい、予約を取ることが簡単ではありません。

また、前回マンツーマンレッスンをした講師が空いている保証はないため、講座のたびに違う講師とレッスンをする可能性もあります。

担当講師が定期的に変わってしまう可能性があるのは生徒と講師の相性もあるため、デメリットと言えるでしょう。

CodeCamp(コードキャンプ)に向いている人

CodeCampはコストがかからずマンツーマンで学習を進めることができるので、充実した環境でプログラミングを身につけることができます。

自分を追い込んでプログラミングを学習したい人にはおすすめしたいスクールです。

一方で、自己管理能力が必要とされるスクールでもあります。

自分で学習を進めて分からないところを、講師とのレッスンで解決するスクールなので、全て自分からのアクションになります。

そのため、自ら進んで学習を進める積極性を持っている人でなければ最後までカリキュラムを進めることは難しいです。

これからCodeCampの入校を考えている人は、自主的に学習を進める気持ちを持って入校することをおすすめします。

\簡単登録/

CodeCamp(コードキャンプ)の評判や口コミ情報

CodeCampの評判や口コミ情報は下記の通りです。

CodeCampの講義では、生のコードを書いて講義を進めていくので、コードが意味することの本質を理解でき、点だった知識を線として繋げることができたと思います。それがプログラミングの深い理解につながっていきました。

(参考:「codecamp」)

CodeCampで作った課題を、実績として履歴書に記載出来たのも転職活動の強みになりました。

先生にご指導いただきながら作ったものを評価していただけて、それが転職成功に繋がったというのは、頑張って来たことを認めてもらえたと感じて嬉しかったですね。

(参考:「codecamp」)

ただ、いろいろな仕事を見た中で「ITに関連する仕事なら挑戦したい」と思うようになりました。そこでエンジニアへの転職を検討してより深く調べていたときに、CodeCampに出会いました。

しかも、エンジニア転職を実現するためのCodeCampGATEでは、転職に成功して3ヶ月間働いたら受講料がキャッシュバックされる仕組みなのでこれはいいなと。

(参考:「codecamp」)

実際の口コミを見てしっかり判断して上で、利用を検討するようにしましょう。

\簡単登録/

CodeCamp(コードキャンプ)の登録する手順

CodeCampの登録する手順は下記の通りです。

  1. 体験レッスン予約
  2. レッスン準備
  3. 体験レッスン受講
  4. コースの受講および申し込み

本格的な受講の前に、お試しレッスンがあることはとてもありがたいですよね。

本番さながらのレッスンが受けられるため、事前にどんな雰囲気で学習を進めていけるのかを確認しましょう。

\簡単登録/

CodeCamp(コードキャンプ)のよくある質問

CodeCampへのよくある質問は下記の通りです。

CodeCampオリジナル教材の教材費はいくらかかりますか

CodeCampオリジナルの教材は、基本的に無料で提供しております。(一部コースでは、市販の参考書購入が必要なコースがございます。)

尚、パソコンやWEBカメラ、ヘッドセットなど、ビデオ通話を行うのに必要な機器は、別途ご用意いただきます。

初心者でもWebマスターを受講する事は可能ですか?

勿論可能です。WebマスターはHTML5/CSS3からのスタートになります。 WebマスターではHTML5/CSS3とJavaScript/jQueryに加えてPHP/MySQLを受講でき、経験の有無に関わらず、ご自身の目的に沿ったレッスンをお選びいただけます。

CodeCampに登録するには何が必要ですか?

CodeCampにご登録いただくには、メールアドレスかGoogleアカウントあるいはFacebookアカウントのいずれかが必要になります。

CodeCampには、無料で新規登録いただくことが可能となっており、会員登録いただくと、体験レッスンとして、レッスン1回分が無料で受講いただけます。

まとめ

CodeCampの評判や口コミに関する記事は以上です。

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
最後になりますが、私が運営している横浜のフリーランス向けシェアハウス「リバ邸セカイ」では、フリーランスのサポートを行っております。

「環境を変えたい」「スキルを身につけたい」と感じている人は是非リバ邸セカイの公式LINEにて気軽にご相談下さい。