フリーランスの仕事

セドラー・転売ヤーになるには?仕事内容・年収・稼ぎ方を解説

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。

このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

商品を仕入れて販売する「セドラー」という職業があります。

セドラーはフリーランスで仕事をする人が多く、会社員から転身して活動する方もいます。

スキルが高ければ年収1,000万円以上も難しくはないセドラーにはどのような方法でなることができるのでしょうか。

本記事では、セドラーになる方法について紹介します。

セドラーとは?

セドラーとは、既存の商品を仕入れてフリマサイトやオークションサイトで販売をして収益を稼ぐ仕事です

セドラーの仕事内容だけを聞くと、「転売ヤー」を連想し、社会的に不快感を与える仕事に抵抗を感じる方もいるでしょう。

しかし、転売ヤーとセドラーは全く違います。

転売ヤーとセドラーの違い

転売ヤーとセドラーの大きな違いは、倫理観や法外な値段で商品を販売しているかどうかという点が違います。

セドラーは、卸売問屋から購入したものを、常識の範囲内の適正価格で販売をします。一方で転売ヤーは違法な手段で、常識外の価格で販売をします。

転売ヤーは、コンサートのチケット、話題の人気商品、生活必需品を買い占め、定価の倍以上の値段をつけ収益を得ます。

セドラーになっても正しい仕事を行えば、立派なビジネスとなるため誤解のないようにしましょう。

セドラーの年収

セドラーの年収は様々ですが、残念ながら具体的な年収の根拠になる資料がありません。

副業で10万円程度稼いでいる方もいれば、1,000万円以上稼いでいる方もいます。

仕事の取り組み方によってセドラーとしての年収が大きく異なるので、稼ぎたい年収を設定して活動することをおすすめします。

セドラーになるには

セドラーになる方法は大きく分けて3つの方法があります。

会社員をしながら副業として行う

会社員としながら副業でセドラーをはじめ、ある一定の収入を得たところでセドラーに転身する方法です。

副業として気軽にできるため、知識のない方でも会社員で仕事をしながらセドラーとして活動をすることも可能です。

収入を安定させながらセドラーに転身したい方は、セドラーの収入が会社員の収入よりも超えたタイミングで本業に専念することをおすすめします。

養成講座に通う

セドラーになる方法として、最も多いものが養成講座に通う方法です。

セドラーの中には年収1,000万円以上稼ぐセドラーがいます。

彼らは独自の成功するためのノウハウを持っているため、セドラーとしてのノウハウを簡単に入手することが可能です。

さらに、スクールの中には入学後、自分のビジネス状況をチェックしてもらえるため、初心者でも安心してセドラーになれます。

しかし一部怪しいところもあるので、スクール選びをする際は、知名度のある企業や講師の情報を検索できる信頼性の高い講座に通いましょう。

独学で学ぶ

セドラーは独学で学ぶことも可能です。

独学で学ぶことを検討している方は、どのようなセドラーになるかをイメージしながら仕事に取り組むようにしましょう。

セドラーとして独学で注意すべき点が、紹介されている情報の鮮度です。セドラーのノウハウは時代によって変化していくので常に勉強する必要があるでしょう。

セドラーとして仕事をするために用意するもの

セドラーとして仕事をするためには以下の3つの準備が必要になります。

仕事を始める前の準備として、それぞれをどのように対処するか考えましょう。

仕入れ方法・在庫管理・出荷ルートを確立する

セドラーになると、商品を仕入れ、商品を出荷するという作業が必要になります。

扱う商品によっては、仕入れる方法を検討し、どのような方法で出荷をしなければならないのか、考える必要があります。

仕入れ方法は扱っている商品によって方法が異なりますが、海外の商品を仕入れる場合は、貿易に関しての知識も必要になります。

3つの中で特に重要なのが、在庫管理と出荷ルートです。

商品購入希望者がいても、在庫がなければ商品を出荷できません。

在庫を多く抱えすぎると自宅が商品の在庫で埋め尽くされることも考えられます。

どのようにして効率的に在庫管理をすべきか考える必要があると言えるでしょう。

自分で管理をするか、在庫を代行で管理してもらうか方法を慎重に検討して下さい。

国内だけであれば、商品の品質を保つことが可能ですが、海外に商品を出荷する場合、出荷ルートを慎重に検討する必要があります。

さらに、出荷した商品を間違って梱包しないなどの注意も必要です。

出荷時のトラブルを避けて荷物を発送する対策方法を考えましょう。

商品リサーチをする

セドラーは常に商品のリサーチをする必要があります。

特に、重要なのがトレンドに注意をしながら商品を探しましょう。

リサーチをする際は、どのような商品が今注目を集めているのか、今後の需要はどの程度になるか、利益率の割合など細かい項目を考えながらヒット商品を探します。

リサーチをしていないと、売れない商品を仕入れてしまうことになるため注意が必要です。

セドラーの仕事を始めてから失敗してしまわないように、セドラーに参入する前に事前にデータを調査しながら、購入すべき商品を検討しましょう。

取引アカウントを取得する

セドラーとして獲得するためには出品用のアカウントを取得する必要があります。

サイトによって、出品用のアカウントの条件があります。

自分が出品を利用しようとしているサイトの調査をしましょう。

アカウントを取得しても、運営中にアカウント停止受けて取引ができないこともあります。

サイトによっては、サブアカウントを作れない可能性も考えられるため注意が必要です。

取引アカウントを取得したら終わりではなく、取引ではどのようなことが禁じられているのか詳しく条件を確認しながら仕事に取り組むようにしましょう。

セドラーとして年収をあげるために必要なこと

セドラーとして年収を上げるために必要なことは、高い利益率の商品を販売することです。

しかし、高い利益率の商品を探すためには工夫が必要になります。

高い利益率の商品を探すために必要なことを紹介していきましょう。

出品ツールを活用する

セドラーをサポートする出品ツールが多数存在します。

リサーチに特化したツール、出荷サービスをサポートするツールなど様々です。

ツールを利用することで、セドラーの作業工程が改善されるだけでなく、有益な情報を得られる可能性があります。

積極的にツールを活用し、商品リサーチに役立てましょう。

自分の物販に最適のツールがわからない時は、一度試しに使用した上で判断するようにして下さい。

ツールを効果的に活用したいという方は、養成講座で効果的な使い方を解説している場合もあります。

オークファンでは、セドラーにとって有益な講座を複数開校しています。

オークファンのメルマガを購読すると、定期的に有益な情報を入手できるため、ツール探しをしている方や、最新の情報を知りたい方におすすめです。

ツールを活用しても年収が上がらない場合は養成講座も検討しましょう。

市場動向をチェックする

セドラーとして最も大切なことは常に市場動向をチェックすることです。

大切なことは、将来的に需要の高くなる商品を見極める力です。

利益率の高い商品の傾向を分析しながら、売れ筋商品を探しましょう。

また商品だけでなく、オークションサイト、出品サイトの動向にも注目することも大切です。

同じ商品でも出品する場所が違えば売れ行きが大きく変わることもあります。
サイト、商品の市場全体を見通しながら、「ビジネス感」を身につけてビジネスを展開していきましょう。

固定客を確保する

セドラーの中には、固定客を確保して商品を取引していることもあります。

質の高い商品を送れば、購入者から再度依頼が舞い込むこともあります。

固定客を獲得すれば、安定的な収入につながるため積極的に獲得しましょう。

固定客を獲得しようと検討している方は、日本国内だけでなく海外にも視野を広げて獲得するように検討して下さい。

まとめ

セドラーは、会社員経験がなくてもフリーランスで活躍できる魅力的な仕事です。

1年目から年収を飛躍的に高くすることも可能ですが、実現するためには様々なことに気をつけながら取引をおこなう必要があります。

これからセドラーとして活動しようと検討している方は、今回紹介したポイントに注意をしながら取引をおこなうようにしましょう。