フリーランスの基礎知識

フリーランスに名刺は欠かせない!作り方やデザイン相場を紹介!

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。

このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

社会人として活動する際、名刺は営業や人脈を広がる上で非常に有効なツールです。フリーランスにとっても様々な機会に仕事を得たり、繋がりを増やす上で名刺は役立ちます。

ただフリーランスになるまで自分で名刺を作ったことのない人もいますよね。フリーランスは名刺作成も自分で手配することが大切です。

今回はフリーランスの名刺の作り方や名刺が必要な理由、デザイン相場などを解説します。なお今回の記事は以下の人におすすめです。

  • フリーランスで名刺を持っていない人
  • フリーランスの名刺の作り方やポイントを知りたい人
  • 名刺作りの相場やおすすめのサイトが気になる人

フリーランスに名刺が必要な理由

フリーランスになると在宅やオンラインで仕事する場合が多いため、名刺は必要ないように見えます。しかし実際はフリーランスであっても名刺は必需品です。

フリーランスが名刺を持った方が良い理由には、以下の3つがあります。

営業や広報の有効なツールになるため

フリーランスでも名刺があった方が良いのは、営業や広報の有効なツールになるためです。自分が動かなければ仕事を受注できないため、営業マンの役割も兼ねることになります。

営業はオンラインだけではなくオフラインで行う場合もあるでしょう。対面での商談で名刺があれば自分を知ってもらったり、今後の仕事に繋げられたりする点で便利です。

加えて広報の面では、様々な場面で配ることで人脈を広げられます。より多くの繋がりからビジネスチャンスを導く意味でも名刺は是非持つと良いでしょう。

ビジネスチャンスを逃さないため

また目の前にあるビジネスチャンスを逃がさない点でも名刺は非常に役立ちます。フリーランスは商談以外にも、スキルアップ目的のセミナーや交流会に参加する機会も多いです。

セミナーなどに出席すれば他の参加者と挨拶や連絡先の交換もするでしょう。交流の際に名刺があればすぐに案件を紹介してもらえる可能性もあります。

逆に名刺がない場合、相手が名刺を出している一方で自分が恥ずかしい思いをするでしょう。自分の体面を維持し、気持ち良い交流や取引にするためにも名刺は不可欠な存在です。

セルフブランディングになるため

名刺はセルフブランディングの意味でも役立ちます。フリーランスの名刺は会社員の場合よりもデザインが多様です。中にはある程度目立つレイアウトになっていることもあります。

もし自分らしさを表現できる名刺があれば、相手にも強い印象を与えられるでしょう。確かな実績やスキルがあれば、なおさら仕事を頼んでもらいやすいです。

持つことで仕事を得やすいセルフブランディングになるのであれば、名刺はなおさら重要でしょう。

フリーランスの名刺に必要な項目

実際に会社員などの名刺を見ると名前や住所など様々な項目が載っています。フリーランスで名刺を作る際、載せるべき項目で悩みやすいですよね。

フリーランスの名刺で載せる項目は以下のようなものです。基本部分では会社員と変わらないものの、より個人事業をアピールできるような工夫が必要でしょう。

名前・屋号

まず名刺で最も重要な名前と屋号です。名刺は名前を知ってもらうのが最大の目的であるため、名前の部分は特に大きさと位置を考えて載せるようにします。

ペンネームで活動している場合は、ペンネームのみか本名と一緒に書くのもおすすめです。ただ郵送でのやり取りが多い場合は本名がわかるようにするのが望ましいでしょう。

なお漢字部分に振り仮名を入れるとよりわかりやすくなります。

もし屋号もあれば遠慮なく一緒に記載すると良いです。屋号を今後載せたい場合は、仕事内容からイメージしやすいように考えるのがポイントと言えます。

職種・肩書き・専門的な資格

名前・屋号とともに職種や肩書きも重要です。職種などが書いてあれば、相手に自分のことを知ってもらえると同時に、相手も取引しても大丈夫かどうか判断が付けられます。

職種・肩書きとも「ライター」や「代表」のように書くケースが多いです。ただ相手がよりイメージしやすいように「身軽な旅ライター」などくだけた形にしても良いでしょう。

もしアピールできるような専門的な資格があれば一緒に書くのがおすすめです。専門性をアピールできて、より信頼性が増します。

今をときめくWeb系フリーランスの仕事・職種を10個紹介 フリーランスの仕事の種類は? フリーランスの仕事の取り方は? フリーランスってどうやってなれるの? ...

住所

名刺では住所も連絡や信頼性の証明で必要な項目です。ただし実家住まいの場合や知られたくない場合は、トラブルを避けるために書かない方が良いでしょう。

ただ住所はないよりは書いてある方が望ましいです。もし自宅の場所を知られたくない場合は、バーチャルオフィスやコワーキングスペースの住所登記サービスが役立ちます。

両方とも郵送物や電話を転送してもらえるほか、自宅の住所を伏せられる点で便利です。

電話番号・FAX番号

電話やFAXの番号も載せた方が信頼性が高まります。仕事用限定で連絡しやすい番号を書くようにすると良いです。

ただプライベート用と仕事用で分けていない場合、教えたくないという人もいますよね。

もしプライベートを乱されたくない場合は、仕事用の携帯電話やIP電話を契約して番号を載せるのがおすすめです。

メールアドレス

オンラインで仕事する機会が多い以上、メールアドレスは名刺に必須の項目となります。載せるメールアドレスは事業用で、「.com」などの独自ドメインがおすすめです。

GmailやYahooメールなど無料で作れるものは、スパムにも使われやすく信頼性が低いとされています。

特に企業相手に名刺を渡す場合は、必ず独自ドメインによる事業用のものにするべきです。

ホームページのURL・SNSアカウント

もし事業の一環でWebサイトやSNSを運営している場合は、URLやアカウントも載せます。読者やフォロワーになってもらえれば、仕事の受注率も高まるためです。

両方とも事業目的で使っているものだけを載せます。特にSNSアカウントは作製や投稿が手軽な分、個人的な内容のものを投稿していると相手からも人間性を疑われるでしょう。

あくまでも事業限定のものを載せることを心掛けるべきです。

フリーランスがブログが必須!開設方法やメリットを解説 ブログサービスが多い現在、日常生活の中で気軽にブログを作れるようになっています。そしてブログはフリーランスにとっても事業を今より...
WordPress(ワードプレス)でブログを始める時の全手順【初心者必見】 WordPressでブログを開設する方法が分からない… ブログ初心者で、WordPressブログを作れるか不安… ...

ロゴデザイン

もし事業のロゴデザインがあれば遠慮なく載せるのがおすすめでしょう。事業を独自のデザインで表現している分、非常に印象に残りやすくなります。

載せる場所は比較的目立ちやすい左上が良いでしょう。加えて名刺以外にも、WebサイトやSNSのアイコンにも載せておくとなお効果的です。

事業内容や実績など

せっかく事業のアピールに名刺を活用するのであれば、事業内容や実績も載せます。具体的な事業内容や実績などがはっきり記されていれば、信頼性や受注率も増すためです。

事業内容などは比較的空白が多くなりがちな裏面に載せると良いでしょう。スマホですぐアクセスできるようにWebサイトやポートフォリオのQRコードがあるとさらに便利です。

フリーランスの名刺の作り方

フリーランスになったら名刺も自分で用意します。しかし名刺の具合的な作り方がわからない人もいますよね。フリーランスが名刺を作る際のポイントは以下の通りです。

サイズは一般的なものが望ましい

名刺を作る際、デザインよりもサイズを先に決めることが大切になります。ただサイズ1つでも基準となる大きさに悩むのではないでしょうか。

フリーランスの場合でも名刺のサイズは一般的な91×55㎜が望ましいです。一般的なサイズの方が、渡された側も名刺入れなどに入れたり保管したりする際に不便を感じません。

向きは自由

名刺を作る際、サイズとともに向きが気になる人もいるでしょう。向きについてはサイズと異なり、縦でも横でも問題ありません。

予めデザインの素案を考えておき、デザインが当てはまるかどうかで向きを決めると良いでしょう。

紙の材質

名刺に使われる紙の材質は何種類かあるため、材質を決めることも大切です。主な材質にはアートポストとミラー上質紙、上質紙の3種類があります。

アートポストは滑らかに艶があるため、写真も載せられるのが特徴です。またミラー上質紙は表面に艶があり、裏面はメモ用紙としても使えます。

最後の上質紙は最もシンプルで、鉛筆でメモを入れられるのが特徴です。ただ光沢がない分、写真の掲載には向いていません。

3種類いずれにも特徴があるため、作ろうとしているデザインに合わせて選ぶと良いでしょう。

色は常識の範囲内で

名刺に使う色は特に決まりはないものの、常識の範囲に収まっているのが望ましいです。極端に奇抜な色遣いでなければ良いでしょう。

好きな色や自分の事業を表現する色など、できるだけ自分らしさを示すものが説得力あります。

文字のフォントは見やすさ重視

最後に名前などのフォントはとても重要です。フォントについても奇抜さを避けつつ、見やすさを重視して決めます。

特に名前は最優先で知ってもらいたい部分であるため、レイアウトの中で最も大きなフォントを使うようにするべきです。

なお背景に何らかの色を用いる際は、フォントの色と背景色が調和するようにします。

フリーランスの名刺のデザイン相場

フリーランスが名刺を作る際、お金がかかるケースも多いです。必要に応じて名刺を作る際、いくらほどかかるのか気になりますよね。

名刺の作成費用は、主に以下の3つに分けられます。

名刺自体のデザイン

最初に名刺自体のデザイン費用です。フリーランスのデザイナーに依頼する場合は5,000~3万円、デザインを請け負う企業に依頼する場合は3~10万円が相場になっています。

もしデザイナーの知り合いがいるのであれば、彼らに依頼するのがおすすめでしょう。なお依頼中に修正が発生した場合は、回数に応じて追加料金が発生します。

印刷費用

次に名刺の印刷費用も必要です。印刷費用は紙の材質によって異なってきます。

100枚当たりの料金であればアートポストの場合は2,000~2,500円、ミラー上質紙の場合は2,000~2,700円、上質紙が1,900~2,200円が相場です。

似たような相場ではあるものの、上質紙はシンプルである分多少安くなります。

ロゴのデザイン費用

名刺とともにロゴを作成する場合は、ロゴのデザイン費用も必要です。

フリーのデザイナーに依頼する場合は1~5万円、デザイン会社を利用する場合は5~20万円が相場になります。

なおロゴの他にイラストをデザイン知ってもらう場合は、1個につき3,000~1万円がおおよその相場です。

フリーランスの名刺のデザインにおすすめのサイト

名刺作りは業者に依頼する以外にも、専門業者のサイトを利用する方法もあります。特におすすめのサイトが、以下に紹介する5つです。

ライオン印刷

ライオン印刷はイラストレーターのデータを完全入稿した上で印刷してもらえます。なおテンプレも用意されているため、イラストレーターがない場合でも作成可能です。

用紙や加工方法、サイズの面でも幅広い選択肢がある点も大きな特徴になっています。

サイズであれば2つ折りや4つ折りなど、加工方法であれば型抜きやラミネート加工もできるため、こだわりたい特徴を反映した名刺を作れるのも魅力です。

グラフィック

ネット印刷や名刺作成の業界で代名詞的な存在と言えます。デザイナーの間でさえも非常に高品質な名刺やイラストが作れることで評判が高いです。

また高品質である以外にも、名刺入れの無料サービスや2,000円以上で送料無料など気配りが行き届いています。加えてデザインの選択肢も豊富です。

マヒトデザイン

マヒトデザインはWeb上で完結するサービスになっている特徴があります。

Web上でデザインの作成ができるほか、テンプレを使いたい人も色々と選べるように選択肢が豊富です。

印刷の素早さや手持ちのもののアレンジにも対応している点も魅力に数えられます。

ラクスル

ラクスルは名刺のほかにも広告やポスターなども手掛けていることで有名です。最大の特徴に納期で料金が変わるシステムがあります。

納期が長いほど安くなるため、あまりお金を掛けずに名刺を作りたい人向きです。

無料テンプレの豊富さとモリサワパスポートで人気の高いフォントが使える点でもおすすめと言えます。

プリントパック

ネット印刷業界では最大のユーザー数を誇るサービスです。名刺の仕様と値段が一目でわかるようになっています。

納期も最短で当日と迅速で、加工方法も2つ折りや3つ折り、スジ入れカードなど様々です。

まとめ

今回はフリーランスに名刺が必要な理由や作り方などを見てきました。フリーランスにとっても名刺は人脈を広げたり、ビジネスチャンスを確実に掴むために必要なものです。

名刺を作る際は、名前・屋号やメールアドレス、WebサイトのURLなど事業に欠かせないものを入れます。特にメールアドレスや電話番号などは、事業用のものに限るべきです。

作成方法はデザイナーやデザイン会社に依頼する以外にも、人気の作成サイトを活用する方法があります。

フリーランスになっても名刺は不可欠な存在です。自分の事業や個性を示すものを用意して、対面で役立ててみてください。

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
最後になりますが、私が運営している横浜のフリーランス向けシェアハウス「リバ邸セカイ」では、フリーランスのサポートを行っております。 「環境を変えたい」「スキルを身につけたい」と感じている人は是非リバ邸セカイの公式LINEにて気軽にご相談下さい。