フリーランスの仕事

ブロガー(アフィリエイター)になるには?年収・仕事内容を解説

リバ邸オーナー
リバ邸オーナー
フリーランスの仕事・スキルを共有できるシェアハウス「リバ邸セカイ」を運営しているかんぺこです。

このメディアでは、フリーランスとして5年以上活動し続けている私の目線で、フリーランスに関する便利な情報を発信しています。

SNSで自由な発信が出来るようになった現代では、自分のコンテンツをお金に変えることも可能です。

自分の開設したブログで収益を稼ぐブロガーになるにはどのようなことが必要なのでしょうか。

本記事では、「ブロガー(アフィリエイター)のになる方法から年収・稼ぐコツ」について解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

ブロガー(アフィリエイター)とは

ブロガー(アフィリエイター)とは、自分の開設したブログの広告収入で生計を立てる人を指します。

基本的にブログ1つで稼ぐ人は多くはないので、会社員として働きながら副業として活動している人が大半です。

しかしブログ1つで稼いでいるプロのブロガー・アフィリエイターは、会社員と比較すると非常に高額の収益を上げている人も存在します。

次の項でブロガー・アフィリエイターの年収について見ていきましょう。

ブロガー(アフィリエイター)の年収

ブログ情報サイトの「ブログ部」が独自で発表したブロガーの平均年収によると、トップブロガーは月に1,000万円〜2,000万円程度の月収があると言われています。

そこまでいかずとも、月に数10万~数100万という範囲で稼いでいるブロガーも多く存在し、徐々に収益が上がっていくのが一般的です。

一方でアフィリエイト・プログラムに関する意識調査によると、「アフィリエイト収入が月20万円を超えている人は全体の17%程度」ということが分かっています。

月収で20万円以上を稼ぐことは、非常にハードルが高いということを覚えておきましょう。

ブロガー(アフィリエイター)になる方法

ブロガー・アフィリエイターの年収事情について述べたので、次に実際にブロガーになる方法について解説します。

ブログを開設する

ブロガー・アフィリエイターになる為に、まずはブログを開設しましょう。

ブログは無料で作れるアメーバブログやはてなブログでも開設できますが、SEOや広告を貼る観点からもワードプレスを用いたブログ開設がおすすめです。

無料のプラットフォームを使ったブログを作ってしまうと、プラットフォームの事情から記事が消されてしまったり、サービスが終了してしまう可能性があります。

ワードプレスのブログの作り方は下記の記事で解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

WordPress(ワードプレス)でブログを始める時の全手順【初心者必見】 WordPressでブログを開設する方法が分からない… ブログ初心者で、WordPressブログを作れるか不安… ...

ライティングするジャンルを選定する

次に実際に作ったブログのジャンルを考えていきましょう。

  • 転職・人材系
  • クレジットカードの紹介
  • 脱毛サロンの紹介
  • ガジェット系の紹介
  • 美容・健康の紹介

人気なジャンルだと上記のものが挙げられますが、自分が体験していて記事を書きやすいジャンルを選ぶのが効果的です。

しかしレッドオーシャンのジャンルを選定してしまうと、個人ブログでは到底稼げない場合があるので気を付けましょう。

ライティングして記事を入れていく

ブログを開設し、ジャンルまで決まったらライティングをしていきます。ライティングをする時は下記の3点を気をつけましょう。

  • ユーザーがよく検索するワードを洗い出す
  • 記事のターゲット層(ペルソナ)を明確にする
  • 読者に有益な情報を書く

当然ながらGoogle検索は「認知→検索」という仮定を踏むので、よく検索されるキーワード・検索されないキーワードに分かれてきます。

そのため、しっかりユーザーが検索しているキーワードを含め、検索意図に沿った記事を作るように心掛けましょう。

ブロガーになるとできる仕事

ブロガーはブログを更新する以外にも様々な種類の仕事があり、トップブロガーになると様々な形で収入を得ることが可能です。

ブロガーの仕事内容を紹介しましょう。

アフィリエイト

1点目はアフィリエイトです。稼いでいるブロガーの大半がこのアフィリエイトと言っても過言ではありません。

Amazonアフィリエイト、アフィリエイト広告、クリック報酬型広告があり、アフィリエイトの制度によって戦略が異なります。

ブログの知名度が低い時期は、自分のサイトに掲載されたジャンルの商品をユーザーが購入し、制約出来るまで待つという受け身でしか収入を得られません。

しかし、知名度が高くなれば企業から「ブログに広告を掲載して欲しい」と直接依頼されることもあります。

掲載した商品が購入されると、一部の報酬がブロガーに分配されることもあります。

ブログが成長すると、アフィリエイトのバリエーションも増えていくことを覚えておきましょう。

企業依頼による記事作成

2点目は企業からの依頼による記事作成です。

記事作成は「取材」「レビュー」「商品紹介」など依頼によって様々ですが、記事を執筆するだけで報酬が発生します。

記事の反応が良いと、企業から継続的に依頼が舞い込むことも考えられアフィリエイト収入以上に堅実な収入が期待出来ます。

一方で、「ステマ」と言われる記事を執筆してしまうと、ブログ全体の評価を下げてしまう恐れがあるので注意が必要です。

メディアでの執筆

ブロガーとして活動をすると、webメディア、紙媒体での執筆も可能になります。

メディアで執筆をすれば知名度が高くなり、自分の開設したブログへユーザーを誘導することも難しいことではありません。

しかし、メディアでの執筆をするためには、ある一定のブログの成果が必要になります。

一方でメディアが求めている人物であれば、知名度の低いブロガーでもメディアでの執筆が可能なこともあるため、積極的に営業をかけていくことも大切です。

メディアでブロガーとして執筆を募集している案件があれば、積極的に応募をしていきましょう。

ブロガー(アフィリエイター)で成功する為の3つのコツ

ブロガー・アフィリエイターの仕事内容について解説しましたが、最後に稼げるブロガーとして成功する為のコツを解説します。

全部で3つあるので1つ1つ見ていきましょう。

SEOの基本を理解する

1つ目のコツは「SEOの基本を理解する」ことです。

  • 狙いたいキーワードをタイトルや見出しに含める
  • 関連記事を内部リンクで繋げる
  • 幅広いジャンルではなく、特化してサイトを作る

上記はSEOのほんの1例ですが、基本的な対策ができていないとGoogle検索で上位に出すことはできません。

そのため、ライティングを続けながらSEOの勉強も並行してしっかり行うようにしましょう。

網羅的に情報を載せる

2つ目のコツは「網羅的に情報を載せる」ことです。

Googleは1つの記事で情報が網羅的に書いてある記事を好みます。例えば「東京 温泉」というクエリで温泉1つだけを紹介した記事は絶対上に上がりません。

網羅的に書いてある情報が好まれるので「温泉のおすすめが複数纏めてある記事」が上位に表示される傾向にあります。

このように、記事を書く時は「情報が網羅的に記載されているのか」を常に意識して書くと良いでしょう。

ロングテールキーワードを狙う

3つ目のコツは「ロングテールキーワードを狙う」ことです。

この時「ロングテールキーワード」を意識して記事を書き進めていくと、収益に繋がりやすいブログを作ることが可能です。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは検索語数が3つ程度あるようなキーワードのことで、ユーザーの悩みが明確な分コンバージョンに繋げやすいというメリットがあります。

詳細は下記の記事で解説しているので、本気でブログを作りたい人は読んでみて下さいね。

ロングテールキーワードでブログアクセスの88%を獲得する方法 ロングテールキーワードってたまに聞くけど何? ロングテールキーワードってブログに大切なの? ロングテールキー...

まとめ

ブロガーになると、自分の発信したコンテンツで生計を立てることが可能です。

これからブロガーを目指そうと検討している方は、今回紹介した内容を参考に、ブロガーとしての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

副業としても活動できるので、是非実践してみて下さいね。