ニートやフリーター

36歳ニートは脱出可能?就職活動のポイントを解説

ニートとは、15〜34歳で仕事をしておらず、就職活動もせず、学校にも通っていない人のことを指します。しかし実際には35歳以上でもニートと同じ生活を送っている人は少なくありません。この記事では、36歳ニートという立場を考えてこのままニートを続けるとどうなるのか、就職はできるのか、就職活動の際に利用できるサービスなどについて解説します。ぜひ参考にしてみて下さい。

36歳以降もニートを続けるのはリスキー

36歳のニートが、これから先もニートを続けていくのは非常にリスキーだと言えます。ニートでい続けるのは良くない、となんとなくわかっている人もいるでしょう。ここでは、ニートを続けるべきではない具体的な理由について解説します。

どんどん就職が難しくなる

ニートの期間がどんどん長くなると、就職が難しくなります。ニートに対する世間一般の評価は決して高くはありません。中にはニートと聞いただけでその人のことを見下す人もいるかもしれません。ましてやある程度の社会経験を積んでいる年齢での就職は、即戦力としての活躍を期待されていることがほとんどです。そのような状況でスキルや経験、知識が不十分なニートを採用しようとする企業は中々出てこないでしょう。

体力が必要な仕事が難しくなる

30代も後半に入り、体力が落ちた、疲れやすい、といったことを感じる機会が多くなったのではないでしょうか。30代になり少しずつ体は衰えていきます。そのため、体力勝負の仕事をこなすのはどんどん難しくなってしまいます。そうなると、仕事探しの時に選択肢が少なくなってしまうので、さらに就職が難しい状況になってしまいます。

なぜ36歳ニートの就職は難しいのか

ここでは、36歳ニートの就職が難しいと考えられる理由について解説します。

30代以降は経験者が求められる

20代までは、未経験可の求人が少なくありません。しかし30代以降になると、スキルや経験を持っている人が採用されやすくなっていきます。これは、企業は即戦力として働ける人を求めているためです。そのため、スキルや知識、経験が十分でないと採用してもらえない可能性が高いのです。この点においてニートは不利だと言えるでしょう。

ニートをしている期間がマイナス評価になる

人によっては、ニートをしている期間をネガティブにとらえる人もいます。「この人はこの間何もしていなかったんだな」と考える企業の担当者もいます。マイナス評価をされないためにも、なぜニートになったのか、何をしていたのか、ニート期間についてしっかりと説明できるようになっておく必要があります。

36歳からでもニートは脱出できる

ここまで読んで、ニートを続けるべきではないこと、36歳ニートという立場が就職活動においては、有利ではないことが理解できたかと思います。

では、36歳ニートは絶対に就職できないのでしょうか?結論から申し上げると必ずしもそうではありません。決して簡単ではないのは確かですが、様々な機関やサービスが提供するサポートを得ながら就職活動に取り組んでいけば、就職できるチャンスはあります。

ここでは、36歳ニートを脱出するためにはどうすればいいのか、具体的な行動について解説します。

職業訓練校を利用する

ハローワークの提供する職業訓練校を利用するのは1つの選択肢だと言えます。職業訓練とは、就職のために必要なビジネスマナーを学べるほか、資格を取得するための指導が受けられる支援サービスのことです。職業訓練を受講すると、その経験を職歴として記入することができます。

アルバイトから始めてみる

いきなり就職をするのは、ニートにとって負担が大きいと言えます。そのため、最初はアルバイトから始めてみるのもおすすめです。アルバイトは、正社員に比べると狭き門という訳ではなく、36歳ニートでも採用して貰える可能性が高いといえます。また勤務時間や勤務日数の希望も出せるので、無理のない範囲で働き始められるのも大きな強みと言えるでしょう。

就職エージェントを利用する

就職エージェントとは、職業紹介を行ってくれる民間企業のサービスです。専任の担当者がついてくれ、内定獲得に向けたサポートを行ってくれます。また就職エージェントは成果報酬型のサービスとなっているので、求職者は無料で利用できるのも大きな特徴です。

ニートに特化した就職エージェントの特徴

ここでは、就職エージェントの特徴について解説します。ただ職業紹介を行ってくれるだけのサービスではないので、ぜひ利用を検討してみて下さい。

自分にあった仕事を紹介してくれる

就職エージェントでは、利用にあたって面談を行い、担当者が求職者のこれまでの経歴や経験、興味のあることなどについてヒアリングを行ってくれます。その内容を踏まえて、その人にあった求人を提案してくれる仕組みです。エージェントの担当者は、就職サポートのプロであり、各企業の情報にも詳しいため、働き始めてからのミスマッチの可能性も低いと言えるでしょう。

面接対策なども行って貰える

就職エージェントでは、求職者に向けて面接対策を行っているケースが多くなっています。面接の経験があまりなくて緊張してしまう、何を言っていいのかわからないと言った人には、ぴったりのサービスだと言えます。また同様に書類添削も行っているので、作成した自己PRのチェックなども行って貰えるでしょう。

36歳のニートにおすすめの就職エージェント

ここでは、36歳ニートにおすすめの就職エージェントを2つ紹介します。

36歳ニートが就活をするときのポイント

ここでは、36歳ニートが就職活動をするときにおさえておきたいポイントについて解説します。就活をしようと思っているものの、どうすればいいのかわからないという人はぜひ参考にしてみて下さい。

自分のしたい仕事にこだわりすぎない

ハローワークや求人サイトなどで仕事を探している際、自分の希望する条件に合致しているかどうかをチェックしている人は少なくないのではないでしょうか。また就職エージェントの担当者が提示した求人に、口には出さないものの不満を感じている人もいるでしょう。
確かに仕事をする上では、自分のやりたいことや興味のあること給料などの条件面がいいに越したことはありません。しかし36歳ニートという立場を考えると、仕事を選り好みできる立場ではないと言えます。ただでさえ難易度の高い就職が、選択肢が限られてしまうことでさらに難しくなってしまいます。
そのため、あまり仕事内容や条件面にこだわりすぎないようにしましょう。どうしても譲れない条件以外は、柔軟に対応する必要があります。

仕事への先入観を捨てる

インターネットで仕事について調べていて「営業職はキツイ」「介護は激務」「工場は人の指示に従うだけの仕事」と言った評判を見かけことのある人もいるのではないでしょうか。しかしこれはあくまでも個人の考えでしかないので、この評価を鵜呑みにして「営業職と介護、工場の仕事は応募しない」と言ったことはしないようにしましょう。
先入観だけで業界や職種を選んでいると、応募できる求人が限られてしまいます。そのため、先入観を捨てフラットな状態で就職活動に取り組むようにしましょう。

自己分析をしっかりする

仕事探しをするうえでは、自己分析を徹底的に行うことは欠かせません。これまでの自分の人生を振り返り、自分の興味・関心や得手・不得手などを洗い出してみて下さい。情報を整理すると、共通点が見えてくるのではないでしょうか。その共通点が仕事探しのヒント・軸になるものです。
「36歳ニートなんだからすぐに就活しないと!」と考える人もいるかもしれませんが、自己分析なしに焦って手当たり次第に応募しても企業の担当者は「この人はこの仕事に興味ないんだな」とすぐに見抜きます。
まずは、自己分析を行い、自分の興味のある分野、職種を考えてみて下さい。

企業研究をしっかりする

自己分析と同じくらい重要なのが企業研究です。同じ業界の企業と言っても各企業によってその特徴は様々です。例えば介護業界の企業でも企業の規模が違ったり、運営している介護施設の種類が違ったりします。また企業理念はその企業の従業員の働き方に影響を与えるものです。
このような各企業の特徴を調べることは、非常に重要だと言えます。「介護業界に興味があった」という応募理由では「他社でもいいのでは?」と思われてしまうでしょう。そうではなく「数ある企業の中でも○○な点から応募した」と、その企業でなければいけない理由を言えるようにしておきましょう。

まとめ

今回は、36歳ニートに関して、ニートを続けるべきではない理由とニートを脱出するための方法、おすすめの就職エージェント、就職活動時のポイントなどについて解説しました。36歳がニートを脱出するのは簡単ではありませんが、チャンスはあります。就職エージェントなどのサービスを利用しながら、諦めず粘り強く就職活動に取り組んでみて下さい。