ニートやフリーター

34歳ニートはもう正社員は無理?就職の最後のチャンスを掴むには?

「34歳にもなるのに仕事すらしていない」と、人生を絶望視していませんか?

就職どころか、もう正社員なんて絶対無理だと諦めていませんか?

正社員になれるチャンス、まだ残っています。

でも、時間はもう少ないので、急がないといけません。

今回は、34歳のニートでも正社員になれる一発逆転の方法をお伝えします。

これを読んでいただくことで、あなたにも正社員になれるチャンスがあることが知れて、そのために必要な行動が何かが分かります。

また、34歳ニートにおすすめの就職エージェントもご紹介します。

この記事が、あなたが夢を掴むきっかけになることを願っています。

34歳ニートが正社員を目指す理由5選

34歳のあなたは、就職しないとやばいかもと思い始めていませんか?

今までのほのんと働かないで過ごしてきたけど、今更になって「働かないと」と思うようになったのは、以下の理由ではないでしょうか?

就職を実現するためにも、あなたの動機を把握することは必須です。以下を読んでいただいて自分の気持ちと当てはめてみてください。

親が高齢になってきた

34歳でも働かずにいられたとは何と言っても親のおかげです。

しかし、自分が歳を重ねると当然ながら親も年老いていきます。

すでに定年退職しているとしても基本的には65歳にならないと年金支給が始まりませんし、厚生年金でも夫婦2人が受け取る額は22万円程度という厚生労働省の統計が発表されています。

この状態では、子どもの面倒まで見るのは相当困難な状況であることは否めません。

このままだと将来が不安

このままニート生活を続けていると、頼る親もいなくなり、日々の生活基盤がなくなります。

収入がなくなったときのことを想像すると、何もしてこなかったことへの後悔と今後の見通しの暗さに愕然とします。

生活を続けていくには自分が働くしかありません。

働くことにおっくうだったけど、ついに必要に迫られ、重い腰を上げようとしているわけです。

周りはみんな働いているので焦る

そして同年代の人は友人を含め、ちゃんとした仕事を持っている人ばかり。

これまでは自分のことを考えていればよかったんですが、周囲には結婚して家庭を持ち始めた人が増え、取り残されたような気持ちに襲われることがあります。

色々な事情があったにせよ、この年になって仕事に手を付けていない自分が情けなく、自己肯定感が下がってしまっている状態にあるのです。

今さら正社員の大事さに気づいた

年を重ねてくると、若いころには自分にはあまり関係ないと思ていた社会保障や福利厚生の大事さにじわじわと気づいてきます。

正社員なら、会社が生活を保障をしてくれます。この制度のありがたみがようやくわかってきたのは、ニートを続けてきたからこそ。

体力の劣れも自覚し、健康面での不安も出てくるお年頃ですから、このままでは老後まで満足な人生が送れないとようやく気づき始めたわけです。

もう年齢的にもギリギリと思い始めた

30代も真ん中に差し掛かり、自分に訪れるチャンスはかぎられているのではと危機感が沸いてくる年齢です。

若いうちはまだまだ余裕を感じていても、さすがにこの年代になると「就職は厳しいかも」と自覚するようになります。

このまま就職が叶わず正社員になれなかったら人生どん底かも、という恐怖感を感じ、ようやく就職について本気で考え始めることになります。

34歳ニートは正社員として就職できる最後のチャンスです!

34歳になってようやく正社員を目指すことになったのは大きな前進です。

しかし、現実はとても厳しいと言わざるを得ません。

本章では、34歳ニートが就職に挑むのはいかに困難で険しい道のりであるかをお伝えし、それでもまだチャンスは残されていることをお話します。

34歳ニートはもう時間がない!

そもそも「ニート」は正式には34歳までということをご存知でしょうか。

厚生労働省では、ニートは15〜34歳までと定義しています。

これは、日本では34歳までを「若年層」という括りで統計などで表すため、それに合わせるように仕事に就いていない若者を差すニートの範囲も34歳までにしたと推測されています。

なので「若者」と一般的にみなされるのは34歳までということになり、この1年を過ぎてしまうと就職においては格段に不利になってしまいます。

35歳以上ともなると「中年層」として十分なキャリアを積んできたという前提になり、「就職」よりも「転職」としての中途採用が基本線になります。

就職の入り口が狭まっている

加えて、採用する企業側にとっては、出来るだけ若く即戦力になりうる人材を採用したいもの。

34歳という年齢は、多くの採用募集で年齢上限になっており、よほどのキャリアや、アピールに値する資格などがないと、20代の就職希望者には歯が立ちません。

「ニート」という言葉にも長期間社会から離れているというイメージがあり、大きなハンデを背負うことになります。

ましてや就労経験が薄く、世間に通用する資格もなくアピールポイントに乏しいのであれば、正社員として就職できるのは極めて厳しい状況と言っても過言ではありおません。

自分一人で就活しても厳しい

34歳ニートとなると、年齢的にもギリギリのラインで十分な勤務経験がなく、就職には圧倒的に不利なのは否めません。

ましてや正社員となると、成功率はさらに限りなく低くなります。

何となくハローワークに行って求人票を眺めて履歴書を書く、と悠長に構える場合ではなく、状況は相当厳しいと認識する必要があります。

ひとりで就活しようとせず、プロのサポートを受けながら正しく就職活動を行うことが必須です。

動くのは今しかない!

34歳ニートでも正社員になることは、全く不可能ではなく、前例は数多く存在します。

しかしよほど強いコネクションがない限り、すんなりうまくいくことは極めて稀です。

少ないチャンスをものにするためにも、就職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

34歳ニートが就職エージェント利用にあたり心がけること3選

34歳ニートが正社員になるラストチャンスとして、就職エージェントを利用するのであれば、心がけたい3つのポイントはこちらです。

就職エージェントへの抵抗感をなくす

34歳までニートをしていたわけですから、今さら就職エージェントに入ってもあまり意味がないと考えていませんか?

または、こんな自分を就職まで十分にサポートしてくわけがない、と半ばあきらめている人もいるかもしれません。

しかし、実績のあるエージェントであれば、ニートの就業成功例はあり、ニートを就職へと導くノウハウも蓄積しています。

これからの人生を左右するわけですから、エージェントを正しく活用しましょう。

ニートへの支援が充実したエージェントを選ぶ

就職エージェントと言っても、その多くは新卒や20代の既卒者を対象としたもの。

34歳ニートのあなたが選ぶべきエージェントは、

・未経験歓迎の求人を多数集めている
・ニートが就職するためのノウハウを蓄積している
・ニートに特化した就職支援を行っている

この3つを兼ね備えているのが重要です。

もう時間的余裕は多くはないので、迅速かつ慎重にあなたに最適なエージェントを見極める必要があります。

次章でおすすめのエージェントをピックアップしています。

就職までのプロセスを知る

実際に就職エージェントではどんなサービスを行うのでしょうか。

一般的に就職エージェントを介して就職活動は、以下の7つの段階を経ます。

1・エージェントのサイトから登録
2・相談、カウンセリング
3・求人の紹介
4・必要書類作成
5・面接の準備と対策
6・内定、入社までの準備
7・入社後のアフターケア

就職活動に縁遠かったニートにとっては登録後は慣れないことの連続で、戸惑うこともあります。

しかし、就職活動を通して自分自身の長所やアピールポイントを把握しながら成長していきますので、人生の中で貴重な期間となるでしょう。

34歳ニートのおすすめ就職エージェント

34歳ニートでも正社員としての就職をサポートしてくれる就職エージェントを5社ピックアップしました。

JAIC(ジェイック)

フリーター・未経験・既卒の就職成功率が通常の約2倍の81.1%にのぼります。

就職後のフォローも充実していて、入社後1年間はサポートする体制が整い、91.3%の高い定着率につながっています。

DYM就職

このエージェントの特徴は、書類選考なしで企業と面接できること。面談を通して自分にふさわしい求人企業をマッチングしてくれます。

面接指導から服装指導まで、就職に向けたトレーニング体制も充実しています。

ハラタクティブ

書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という高い成功率を誇るハラタクティブは未経験の職種への就職に実績があるエージェントです。

実際に未経験OKの求人が約2300件あり、個人の特性に合わせた幅広い志望企業の選択が可能です。

ワークポート

サイバーエージェント、サイゲームスなど、有名IT系企業への就職に実績があり、IT業界への就職を目指すなら押さえておきたいエージェントです。

未経験者のために無料エンジニアスクールを開講するなど、必要とされる人材として育成しながら就職へとつなげるシステムが整っています。

キャリアスタート

ニート・フリーターの就職支援に力を入れ、企業紹介地域は全国に拡大しています。

履歴書の添削から面接対策まで幅広く指導し、キャリアコンサルタントがサポートするなど、未経験者を就職へ導く体制が整っています。

まとめ

34歳ニートでも、就職エージェントを活用することで正社員として就職することが可能であることをお伝えしてきました。

ニートだからと言って諦めるのはまだ早いです。今すぐ行動を起こせば、予想もしなかった職種で、思いもがけない就職先に出会うかもしれません。

ぜひ正社員の座をゲットして、今後の人生を飛躍してください。