ニートやフリーター

32歳のフリーターが就職のためにやるべき4つのこと【理由も解説】

  • 32歳のフリーターの求人が少ない理由を知りたい
  • 32歳のフリーターからでも正社員として就職する事ができるのか
  • 32歳のフリーターが就職する為にやること

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

32歳までフリーターを続けていたけど、将来の事を考えて正社員になりたいと考えている人も多いでしょう。

この記事では、32歳のフリーターが正社員になる為にやるべきことや、求人が少なくなる理由などを網羅的に解説していきます。

本記事を読むことで、32歳のフリーターでも就職する為に必要な情報を知れますよ。

32歳のフリーターが就職活動できない4つの理由

まずは、フリーターが就職活動できない理由を4つに厳選して紹介させて頂きます。

就職活動を考えているけど、行動に移せない方はご覧下さい。

周りの目を気にする

32歳から就職活動をする事に対して、周りの目を気にして行動できない方は多いでしょう。

確かに32歳でフリーターを続けている人は少ないので、良くないと感じる人もいるでしょう。ただ、このままフリーターを続けている方が周りの印象は悪くなります。

就職活動の時は周りの目が気になるかもしれませんが、正社員になれば良いだけです。正社員として働けるように、就職活動を始めていきましょう。

バイト先で活躍している

フリーターは学生に比べてシフトに入る時間が長いので、正社員と同じくらいバイト先で活躍できます。

バイト先で活躍しているので、正社員や同僚から慕われて、そのままフリーターを続けてしまう人も多いですね。

注意点としては、バイト先でのみ評価されている点です。バイト先の正社員や学生のバイトから評価されても、世間から見るとフリーターなので印象は良くありません。

世間体でどのように見られているのか考えると、就職した方が良いのは明白ですね。

楽に生活できている

フリーターは、シフトを全て自分で好きなように決められます。勤務時間や日時などを自由に組めるので、生活が楽になりますね。

注意点としては、仕事の面では楽になりますが、収入の面が非常に厳しい事です。

フリーターは収入が低いてので、老後に貯金できる額は限られています。それだけでなく、昇給や退職金も無いので、生活が苦しくなるでしょう。

ローンを組んで買い物もできないので、仕事面で楽だと感じても、収入が低く買い物や娯楽で自由になれないですね。

同期の現状を知らない

新卒の頃は会社員とフリーターの収入に大きな差は無いですが、32歳になれば変わっています。会社員は役職が付いて昇給もしているので、フリーターより圧倒的に多く稼いでいるでしょう。

32歳でも会社員とフリーターに大きな差が無いと思っている人は、同期の話を聞いてみて下さい。

同期の現状を知って、同じように役職や昇給を目指したいのであれば、会社員がおすすめです。

32歳のフリーターの求人が少なくなる3つの原因

32歳のフリーターから正社員になりたいと考えている人に厳しい現実を突き付けますが、求人な非常に少なくなっています。

求人が少なくなる理由を3つに厳選して紹介するので、ご覧下さい。

ポテンシャル採用が無くなる

32歳は若手ではなく中年層になる為、ポテンシャル採用はありません。

ポテンシャル採用とは、スキルや経験が少なくても、若手で将来性がある人を積極的に採用する制度です。

平均的に22歳〜27歳が対象なので、32歳だと求人に応募する事ができません。

ポテンシャル採用の求人に応募できないので、求人数は減っていると言えるでしょう。

未経験採用が少なくなる

32歳は中途採用になるので、未経験者では無く即戦力の人材を必要としています。

即戦力とは、同業で数年の経験や実績を積んでいて、入社後すぐに売上を作れる人材です。

フリーターは未経験者として見られるので、即戦力を求めている中途採用に応募する事ができません。即戦力として見られないフリーターは、中途採用の求人に応募できないので、求人数は少ないと言えるでしょう。

32歳のフリーターが中途採用を狙うのであれば、未経験可の求人を選択して下さい。

就職できる業種が少ない

32歳までフリーターを続けていた人は、人気の職種に就職するのは難しいです。

人気の職種は沢山の人が応募して、その中には会社で経験や実績を積んだ人材が多くいます。32歳のフリーターが就職するのは、かなり難易度が高いです。

言い換えると、あまり人気では無い職種であれば、知識や経験が無いフリーターでも就職できる可能性が高くなります。

採用される可能性のある業種の企業にエントリーシートを送って、早く採用を決めましょう。

32歳のフリーターが就職する為にやる4つのこと

32歳のフリーターは求人数が少なくなりますが、就職できる可能性はあります。

そこえ、就職する為にやるべき事を4つに厳選しました。これから就職活動を始めようと考えている方は、確認しておきましょう。

スキルを身に付ける

技術職に必要なスキルを身につけておけば、正社員になる事は十分に可能です。

IT業界であれば、プログラミングスクールに通ってスキルを身につけてから転職活動をした方が可能性は広がります。

転職活動に不安があるのなら、スキルを身に付けるのも選択肢の一つですね。

注意点として、スキルを身につけるのが数年必要なものは辞めましょう。年齢が高くなる事によって就職するのは難しくなるので、長くても6ヶ月で身につけられるスキルが良いですね。

難しい資格を習得する

難しい資格を習得すれば、就職できる可能性が広がります。

特に独占業務ができるようになる資格であれば、間違いなく就職できるでしょう。

宅建だと6ヶ月ほど勉強すれば十分合格できますし、独占業務があるのでおすすめです。

注意点として、何年も勉強しないと合格できない難しい資格は諦めましょう。公認会計士などは1年で合格する事ができないので、おすすめしません。

あくまで数ヶ月の短い期間で習得できて、就職活動で有利になるものを選びましょう。

コミュニケーション能力を広げる

就職するには、コミュニケーション能力を上げておくべきです。

フリーターをしていると、礼儀やマナーをほとんど知らない学生と関わるので、コミュニケーション能力が上がりません。

面接などで失礼があれば就職するのは難しくなるので、礼儀やマナーを勉強してコミュニケーション能力を上げておく事をおすすめします。

社会人の人がいる場所に足を運べば、自然と礼儀やマナーは身につくので、積極的に行動しましょう。

自分が働ける業種を探す

就職活動をするのであれば、自分が働ける業種を探しましょう。

32歳のフリーターが就職して、すぐ辞めることになれば、再び転職するのは難しくなります。必ず自分に合う業種に就職して下さい。

デスクワークが好きな方が、接客などのサービス業や建設などは厳しいでしょう。

人と話す事が大好きな人が、工場で1人作業などは続く可能性が低いですね。

自分が働ける業種に就職して、続けることでスキルや知識が身につき、ステップアップを目指せます。

32歳のフリーターが正社員になるべき4つの理由

今までの記事を読んで、フリーターか正社員のどちらで働いていこうか考えている人も多いでしょう。

そこで、フリーターから正社員になるべき理由を3つに厳選して紹介していきます。就職活動を始めようか迷っている人は、確認して下さい。

自由に使えるお金が少ない

これからフリーターを続けても、ボーナスは無く、昇給する可能性は低いので自由に使えるお金は全くありません。

それだけでなく、シフト制で仕事が保証されていないので、月によっては数万円しか稼げない可能性もあります。

使用できる金額が少なくなれば、娯楽や買い物にお金を使う事ができません。老後の為に貯蓄するのも難しいでしょう。

自由に使えるお金を増やしたいのであれば、フリーターは辞めるべきですね。

将来の生活が不安定

先ほど説明した通り、フリーターは自由に使えるお金が少ないので貯金ができません。

退職金も無いので、会社員より給料が少ないにも関わらず、多くの貯金をしておく必要があります。

フリーターで稼げる収入から老後に困らない貯蓄をできるなら良いですが、ほとんどの人は難しいでしょう。

将来の生活を少しでも豊かにしたいと考えているのであれば、フリーターは辞めた方が良いです。

社会的地位が確立できない

フリーターは世間からの印象が悪く、社会的地位が確立できていません。

その為、ローンを組む事ができず、マイホームや車を買うのは難しいですね。

収入が低い為、結婚できる可能性も低いです。仮に結婚が出来たとしても、子供を育てる余裕はなく、生活が精一杯になるでしょう。

社会的に地位を確立したいのであれば、フリーターとして働くは辞めた方が良いです。

32歳のフリーターが就職してからの注意点

この記事を読んで、フリーターから正社員として就職活動したいと考えている人は多いでしょう。

就職活動すれば正社員になれる可能性はありますが、入社後に注意しておくべき事を纏めておきます。

プライドを持たない

32歳までフリーターを続けていた人が就職をすると、年齢は年下にも関わらず上司になる人が普通にいます。

フリーターとして働いてると、年下に指図される機会は少ないのですが、会社では普通です。

年下に指図される事があっても、働かなければいけません。プライドが高くてイラッとする事もありますが、我慢しましょう。

社会に出ると年下が上司という状況になっても、話を聞いて敬語を使ってコミュニケーションを取って下さい。

少なくても数年は会社を辞めない

32歳までフリーターを続けていた人は、会社に入ったら数年は辞めない方が良いです。

直ぐに会社を辞めると、転職するのは困難になります。

就職活動をする際に、自分が長く働ける企業を探しましょう。続かないと感じたのであれば、内定を貰っても避けた方が良いです。

何年間か働いてスキルや経験が身につけば、転職や昇進などステップアップができます。会社を直ぐに辞めると、印象が悪くなって転職が難しいので、フリーター生活に戻る事になります。

まとめ

この記事では、32歳のフリーターの就職について纏めておきました。

本記事を読んで、フリーターから正社員になりたいと考えた人は多いでしょう。かなり難易度は高いですが、正社員になるのは十分に可能です。

このままフリーターを続けていくと、収入と仕事が安定しないので、人生の選択肢が限られます。

最後に32歳のフリーターが就職する為にやるべき事を纏めておくので、これから就職活動を始める方は今すぐに行動して下さい。