ニートやフリーター

31歳のフリーターが就職するべき難しい4つの理由【対策教えます】

  • 31歳までフリーターを続けたけど就職したい
  • 31歳のフリーターが就職するのは難しいですか
  • 31歳のフリーターが就職する為にやるべきことを知りたい

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

結婚や貯金、老後の生活などを考えると、フリーターを続けることが不安に感じている人は多いでしょう。

この記事では、31歳のフリーターが就職するのが難しい理由や、やるべき対策などを網羅的に解説します。これから就職活動を始めようと考えているフリーターは、かなり参考になるでしょう。

本記事を読めば、31歳のフリーターでも就職できる可能性が広がりますよ。

31歳のフリーターが就職できる2つの理由

31歳までフリーターを続けていた人でも、就職できる可能性があります。

その理由を2つに厳選して紹介したので、確認しておきましょう。

人材不足の業界がある

人材不足の業界であれば、31歳までフリーターを続けていた未経験の人でも就職できます。

注意点としては、人手不足でも技術が必要な業界は就職できない点です。

例えば、「医療系」や「IT系」は人材不足で就職しやすいですが、技術が無ければ働く事が出来ませんよね。

下記の業界は、人手不足で技術も必要ないので、これから就職活動を始める未経験のフリーターにおすすめです。

  • 土木、建築、建設
  • 飲食、サービス
  • 運送業者(普通免許が必要です)

未経験でも働ける業務で、人手不足になっている業界へ就職活動を行えば、採用される可能性は高くなりますよ。

フリーターで働いていた場所で活躍できる

フリーターとして働いていたのであれば、その業界への就職は有利になります。

何年も働いていた経験や知識は、役職はフリーターでも活かせるでしょう。

フリーターで営業をしていたのであれば、営業職がおすすめです。飲食店で接客をしていたのであれば、接客業全般で有利になります。

これから就職活動を始めるのであれば、フリーターとして働いている業界へエントリーシートを送るのがおすすめです。

31歳のフリーターの就職が難しい4つの理由

ここまでの内容で、31歳のフリーターでも就職はできる知って頂けたでしょう。

ただ、就職活動は難しくなる事が予測されます。

その理由を4つに厳選して紹介するので、これから就職活動を始めるフリーターは確認して下さい。

即戦力が求められる

31歳は中途採用になるので、即戦力になる人材が求められます。

若手であれば将来性があり、育てれば長く会社で活躍する事ができますよね。言い換えると、31歳の中年になれば将来性は低く、育成をしても会社で活躍できる期間が短いです。

フリーターは未経験として扱われるので、即戦力が求められる中途採用は難易度が高くなります。

中途採用の求人を見る際は、未経験でも問題ないか確認しておきましょう。

スキルと経験が無い

フリーターは重要な仕事を任せられず、学生と同じような業務しか与えられない可能性が高いです。

学生ができる仕事をしていて、社会から評価されるスキルや経験は身につきません。

スキルと経験が無ければ、企業に求められる人材にはなれないので就職するのが難しくなりますね。

少しでも就職活動を有利に進めたいのであれば、自分が行きたい業種の知識だけでも勉強しておきましょう。勉強したことを面接でアピールできれば、面接官の印象も良くなる可能性があります。

印象が悪い

フリーターは世間からの印象が良くありません。

何かしら企業を説得できる理由があってフリーターを続けていたのであれば問題ないですが、そのような人は少ないでしょう。

面接官にもよりますが、フリーターに対して良い印象を持っていない人と面接する事になれば、不利になる可能性が高いです。

自分がフリーターをしていた理由や、何を学べたのかを明確に答えられるようにしておきましょう。

社会人コミュニケーションができない

フリーターは、一緒に働く同僚が学生になるので、社会人コミュニケーションを取れない人が多いです。

社会人スキルとは、礼儀やマナーになります。

人と話せる事はできても、礼儀作法や言葉遣いなどが学べないので、社会人に必要なコミュニケーションが取れません。

面接の時などに失礼が出てくる可能性もあるので、就職活動は難しくなるでしょう。

会社に入って注意される事は問題ないですが、面接に影響が出るのは非常に危険なので、本番の前に練習するべきです。礼儀やマナーを学びたいのであれば、ネットで調べたり本を読むなど方法は沢山ありますよ。

31歳のフリーターが持っている大きな2つの勘違い

31歳のフリーターは、2つの大きな勘違いをしている場合があります。

これからもフリーターを続けていこうと考えている方は、確認して下さい。

自由に生きていける

フリーターは自由に生きていけると思っている人は、勘違いなので考え改めましょう。

実際にシフトを自分で決めれるので、働くという面では自由度があると言えます。労働を減らせば、時間に余裕ができるので、自由に趣味やゲームを行うことができますね。

ただ、時間があっても収入面に余裕がないので、自由に遊びや買い物をする事ができません。ローンも組めないので、遊びや買い物の自由度は低いでしょう。

お金を捨てて働く面での自由度を上げるならフリーターですが、遊びや娯楽にお金を使いたいのであれば就職することをおすすめします。

いつまでも働くことができる

収入が低くても永遠に働けば良いと勘違いしているフリーターも多いですが、考えを改めましょう。

歳を重ねると体が動かなくなり、働けなくなります。それだけでなく、フリーターが会社員と同じ収入を得るには長時間勤務をしないといけないので、歳を取る前に体を壊す可能性が高いです。

貯金があれば良いですが、フリーターの収入では老後の生活を担保できるほど貯蓄に回せないですよね。体を壊して働けなくなっても、保険金などは少ないです。

個人で確定拠出年金を積み立てるなど老後の貯蓄をしておけば問題ないですが、フリーターの収入では難しいでしょう。

会社員は定年を迎えると、貯金や退職金、フリーターよりも多い年金で老後を迎える事ができます。将来の生活を考えると、会社員として働いておいた方が良いですね。

31歳で就職するためにやるべき対策4選

今までの記事の内容を見て、これから就職活動を始めて正社員になりたいと考えた人も多いでしょう。

そこで、31歳のフリーターが正社員になる為に必要な対策を4つに厳選して紹介します。

資格を勉強する

フリーターは経験やスキルが無いので、資格を習得して知識だけでも持っておくべきです。

介護の資格は難易度が低いですが、習得する事で介護業界に進みやすくなります。宅建の資格は難易度が少し高いですが、独占業務があるので就職できる可能性が高いですよね。

行きたい業界があるのであれば、それに合う資格を習得する事をおすすめします。

注意点としては、資格習得は必須ではないので就職活動を優先して下さい。資格を習得してから就職活動を始めようと考えている人は、順番を間違えています。

資格は簡単に習得できず、一度落ちれば数ヶ月後に受験することになるので、転職活動を始めるのが遅くなります。転職活動は早い方が有利なので、資格習得は後回しにしましょう。

セミナーや講習会を受ける

就職に関してのセミナーや講習会を受ける事で、面接対策などの重要な事を学べます。

今まで就職活動をした経験が無ければ、どのような事から始めれば良いか分からないでしょう。大学生は学校から就職サポートを受ける事ができますが、フリーターはサポートしてくれる人がいませんよね。

自分からセミナーや講習会に足を運べば、就職のサポートを受ける事ができます。無料で実施されている場所もあるので、積極的に足を運んでみて下さい。

自己分析を始める

就職活動を始めるのであれば、必ず自己分析をしましょう。

自己分析をすることで、自分がどのように働きたいか、どの業界に行くべきかを明確にできます。

自分に合わない企業や業界に就職して、すぐに辞めると再就職はかなり困難です。入社しても長く働ける企業に就職する為に、自己分析は徹底にやっておいた方が良いですね。

転職エージェントを利用する

31歳のフリーターは就職するのが難しくなるので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、自分に合う企業を紹介して頂けるだけでなく、面接などの必要な対策をできます。

それだけでなく、無料で利用できるので、使わない手は無いでしょう。

知識と経験がないフリーターは、無料で就職サポートを受ける事ができる転職エージェントがおすすめです。

31歳のフリーターが持つべき3つの危機感

今までの記事を読んで、31歳のフリーターでも就職できる可能性があると知って頂けたでしょう。

そこで、31歳のフリーターが持つべき3つの危機感を紹介します。

行動が遅いだけ不利になる

就職活動は、行動が遅いだけ不利になります。

年齢を重ねるだけ入社してから働く期間が短くなる為、企業側からすると若手を採用した方がメリットが大きいですよね。

言い換えると、あなたが早く就職活動をするだけ長く働け流ので、企業側も採用するメリットが大きくなります。

今から正社員になろうと考えているフリーターは、直ぐに就職活動を始めましょう。

同期が成長している

新卒の時は正社員とフリーターに収入面で大きな差はありませんが、歳を重ねるにつれて同期は成長していきます。会社で働いていれば、役職も付いて給料は上がっているでしょう。

同期と差があることに不安や引目があるのであれば、企業に就職することをおすすめします。

将来の選択肢が狭くなっている

フリーターを続けていると、将来の選択肢が狭くなります。

ローンが組めないので、車や家を買うのは非常に難しいですね。収入面で不安がある為、結婚や旅行などもできません。

老後もお金の貯蓄が足りずに、ギリギリの生活になるでしょう。お金が無ければ選択肢が限られます。

将来の選択肢を増やすにはお金が必要なので、フリーターより会社員をおすすめします。

まとめ

この記事では、31歳のフリーターが就職する為について徹底解説しました。

本記事を読んで、フリーターからでも正社員になれると知って頂けたでしょう。注意点としては、就職活動の難易度は高いので、何かしら対策をしなければいけません。

最後に、31歳で就職するためにやるべき対策を纏めておきます。これから就職活動を始めるフリーターは、参考にして下さい。