ニートやフリーター

20代ニートは脱出可能!社会復帰のためにやるべきことを解説

ニートと一言で言っても、その年齢層は様々ですが、20代でニートだという人は少なくないのではないでしょうか。この記事では、20代のニートに関して、どういった人がなっているのか、20代ニートは脱出可能なのかどうか、さらにはニートを脱出するためにはどうすればいいのか、といった点について解説しています。今まさに20代でニートだ、という人や周囲にそのような人がいる人はぜひ参考にしてみて下さい。

20代でニートになる人とは?

ニートになる理由は人によって違いますが、20代でニートになる人はどのような特徴を持っているのでしょうか。20代の中には、大学を卒業して企業に入社した、という人が沢山います。しかし会社が合わずにすぐに退職してしまい、ニートになってしまう人もいるでしょう。また大学卒業時点で内定がなく、そのまま卒業しニートをしている人もいるはずです。そのほかにも、数年働いたものの仕事や人間関係に疲れ退職しニートをしている人もいるかもしれません。

20代ニートは脱出可能?

20代でニートをしている人の中には、「ニートを脱出したいけど、できるのだろうか?」と思っている人もいるはずです。しかし20代であれば、十分ニート脱出は可能です。特に20代前半は第二新卒に該当するケースもあるため、チャンスは沢山あります。また企業によっては若手を積極的に採用しているところも少なくありません。意欲や熱意をアピールすることで、採用して貰える可能性が十分にあるでしょう。

一方で、20代後半になると、状況が少し変わります。同年代で働いている人はスキルや経験を身につけているため、企業によっては即戦力として活躍してくれる人を採用する可能性があります。そのため、20代前半に比べると就職の難易度は少し高まります。それでも、労働市場全体で見るとまだまだ若手に分類される年齢であるため、就職は十分可能です。未経験可の求人も少なくないので、チャレンジしてみて下さい。

20代がニートを続けているとどうなる

20代はまだまだ若いとは言え、今後もニートを続けているとどうなるのでしょうか。ここでは、ニートを続けていった場合について解説します。

社会的な評価が低いまま

ニートは、一般的に世間からの評価は低いと言えます。ニートという事実が知られてしまうと、人によってはその人の子を見下すこともあるかもしれません。また就職活動においても、職歴のある人とニートでは、前者の方が評価されるでしょう。

収入が得られない

ニートは仕事をしていないため、収入がありません。多くのニートは両親など家族の援助を受けながら生活をしているのではないかと思います。今は安定して生活できているかもしれませんが、将来両親が働けなくなった時に、家族の収入は一気に減ってしまいます。そうなると、生活を送ること自体が困難なものになるかもしれません。また収入がなければ、欲しいものも買えず、やりたいこともできず、行きたいところにも行けない、といった事態にも陥りかねません。お金が全て、ではありませんが充実した人生を送るためには一定程度のお金が必要なのも事実です。

社会復帰が難しくなる恐れ

ニート期間が長くなると、就職して社会復帰をすることも難しくなってしまいます。まず、長い間仕事をしていない、もしくは仕事をしたことがないために、仕事をすることに対する恐怖が生まれ、中々就職活動に踏み出すことができなるかもしれません。また企業側も、空白期間の長い人を積極的に採用しようとはしないので、チャンスがどんどん少なくなっていくのです。社会復帰をしたいと考えたら、その瞬間から動き出すようにしましょう。

20代がニートを脱出するための第一歩

ここでは、20代ニートを脱出するためにできることについて解説します。まずはできることから始めていき、徐々に社会復帰を目指しましょう。

生活習慣を正す

ニート生活が長くなると、昼夜逆転生活を送るなど、生活習慣が不規則になっている人も少なくないはずです。しかし社会に出ると基本的には朝起きて夜眠る生活を送ることになります。そのため、今のうちから一般的な社会の生活リズムを身につけておくようにしましょう。いきなり完全に生活習慣を変えるのは簡単ではないので、毎日30分早く眠るようにする、30分早く起きるようにする、などできることから取り組んでみて下さい。

人に会う機会を増やす

ニート生活が続くと、家の中で過ごす時間が増え、外出して人と会う機会が少なくなっているのではないでしょうか。仕事をするとなると、同僚や上司は勿論、取引先など沢山の人と関わることになります。そのため、今のうちから人と会うようにして、コミュニケーションをとる練習をしておきましょう。対人スキルが身につけば、仕事もスムーズに取り組めるはずです。近所の人に挨拶をする、コンビニで買い物をした時にありがとうという、など簡単なことから始めてみて下さい。

運動をする

外出機会が減り、運動不足に陥っている人もいるでしょう。正社員として働き始めると1日8時間は働くことになります。そのため、体力も少なからず必要となるため、少しずつ運動をして体力をつけていくようにしましょう。自転車に乗ったり、ウォーキングをしたり、と簡単な運動から始めてみましょう。

20代がニートを脱出する方法

ここでは、20代ニートを脱出する具体的な方法について解説します。ニートの脱出方法の正解は1つではないので、自分に合ったものを選んでみて下さい。

就職活動をする

ニートを脱出する、というとまず就職活動が思い浮かぶのではないかと思います。先述の通り、20代はまだまだ若手であり、企業によっては積極的に若手を採用しているケースもあります。特に20代前半はこれからの教育によって大きく成長していくことが期待されるため、経験やスキルよりもやる気や意欲、伸び代を評価されるケースもあるでしょう。そのため、ニート脱出のために就職活動に取り組むのは選択肢の1つだと言えます。

アルバイトから始める

いくら若いとはいっても、いきなり就職をして正社員になるのは怖い、と感じる人もいるでしょう。そういった人におすすめなのがアルバイトをすることです。アルバイトは勤務時間や日数が正社員に比べると少なく、仕事内容も比較的簡単なので、ニートにとっても始めやすいでしょう。また未経験者や20代でも積極的に採用して貰えるケースが多いため、社会復帰の第一歩におすすめです。

クラウドソーシングを始めてみる

クラウドソーシングは、仕事の受注と発注ができるプラットフォームのようなものです。クライアントの案件に応募し選ばれれば仕事を受注、納品後に報酬を受け取るという仕組みになっています。初心者でも受注できる仕事も少なくなく、中にはクラウドソーシングだけで生計を立てている人もいるほどです。また多くの仕事は自宅にいながら取り組めるものなので、ニートにとっても始めやすいと言えます。

就職活動の際に使えるサービス

ここでは、ニートが就職活動をする際に、利用できるサービスについて解説します。

ハローワーク

ハローワークは、職業紹介や職業訓練を行なってくれる公的な機関です。全国各地に存在しており、幅広い求人を取り扱っているのが特徴です。求職者は無料で利用することができ、職員に就職相談をすることもできます。就職活動を始めたばかりの人は一度訪れてみてもいいかもしれません。

求人サイト

求人サイトは、リクナビやマイナビなど、インターネット上で求人を取り扱うサイトのことです。サイトによっては、万単位の求人を扱っていることもあるなど、その規模は非常に大きいと言えます。職種や業界も様々で、中には特定の業界や職種を対象とした求人サイトもあります。いつでも求人のチェックができて、気になる求人はすぐに応募できるなど、使い勝手の良さも特徴だと言えるでしょう。

就職エージェント

就職エージェントは、職業紹介を行なってくれるサービスですが、ハローワークとは違いこちらは民間企業が運営しています。多くの場合、専任の担当者がつき、面談を行いその人の特徴を踏まえた上で、担当者が求人を提案してくれるという仕組みになっています。利用にあたっては無料のケースが多く、職業紹介以外にも面接対策や書類添削なども行なって貰えるのが特徴です。

おすすめの就職エージェント

ここでは、20代ニートにおすすめの就職エージェントを2つ紹介します。気になるものがあれば、ぜひ利用してみて下さい。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、求人サイトのマイナビでもおなじみの「株式会社マイナビ」が運営しているサービスです。取り扱う求人数が15,000社以上と膨大な数を誇るのが特徴で、20代向けの求人も多数取り扱っているので、20代ニートにもぴったりです。一度は名前を聞いたことのある大企業から地方の中小企業など会社の規模も様々。担当者が丁寧にサポートしてくれるので、就職活動に慣れていない人にもピッタリでしょう。

JAIC

JAICは、就職活動に求められるスキルや知識を学ぶための、5日間の無料研修を行っているのが特徴の就職エージェントです。短期間で就職活動の準備ができるので、今すぐに就職活動を始めたい、という人にぴったりだと言えるでしょう。また営業職への就職を強みとしているので、営業希望の人はぜひ利用してみて下さい。

まとめ

今回は、20代ニートについて、なぜニートになってしまったのか、ニートを続けるとどうなるのか、ニートを脱出するためのポイントなどについて解説しました。20代はまだまだ若手なので、ニート脱出のチャンスは沢山あります。しかし若さの上にあぐらをかいていると採用してもらえないので、就職エージェントを利用するなどして、全力で就職活動に取り組むようにしましょう。